乾燥肌 ターンオーバー

ターンオーバーの乱れで乾燥肌に?

ターンオーバーが乱れて乾燥肌に

 

肌を美しく若く保つためにはターンオーバーが正常に行われる事が必要不可欠です。そもそも肌は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていて、ターンオーバーとは「表皮が生まれ変わるサイクル」のことです。

 

ターンオーバーのサイクルが乱れると様々な肌トラブルにつながってしまいます。まず、どんなサイクルで肌は生まれ変わっているのかというと、表皮は上から順に角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層に分かれていて、基底層の下に真皮があります。

 

基底層で分裂した細胞が角質層まで上がって行き、垢となって剥がれ落ちるという一連のサイクルを繰り返しながら、真皮を健やかな状態で守っています。

 

ターンオーバーが遅くなると・・・

 

表皮は下から押し上げられる事で生まれ変わっているので、ターンオーバーの速度は細胞分裂する基底層が大きく関係します。ターンオーバーの理想周期は28日と言われています。

 

この28日という周期は年齢を重ねるたびに、少しずつ長くなり20代では28日、30代では40日、40代では55日とだんだん遅くなってしまうのです。60代になるとなんと100日もかかってしまうそうです。

 

加齢、老化と言われればその通りなのですが、こうしたターンオーバーに時間がかかってしまえば肌ダメージを修復できないままの古い細胞がずっとお肌の上に居座ってしまうので、お肌がくすんだり、シミなどの原因にもなります。

 

早すぎのターンオーバーもよくない!

 

ならば、ターンオーバーは早ければいいのか!といっても、そういうわけでもないのです。アトピー性皮膚炎、敏感肌・乾燥肌で起こる炎症などが原因で、10日程度と、とても早くターンオーバーが行われた場合、栄養や水分の少ないままの細胞が、しっかりと成長できていない状態で上に上がってきている為、結果的に弱い表皮が出来上がってしまいます。

 

そこに紫外線を浴びてしまうと、真皮を守ろうとしてメラニンを生成し、表皮を厚くするために次から次へと細胞を分裂させなければならず、結果的に未熟な細胞ばかりが上に上がってくるのを繰り返します。

 

乾燥肌の場合も上記同様に、早く修復しようとする為未熟なままの細胞ばかりが上がってくるのを繰り返すため、一向に乾燥肌が改善されないといった原因につながるのです。

 

逆にターンオーバーが遅い場合、肌では何が起きているかというと、加齢によって細胞分裂する元気がなくなってしまった基底層で作られた元気のない細胞が上がってきているので、ハリのない肌になってしまい、さらに角質層の細胞も剥がれ落ちにくいために疲れた肌になってしまうのです。

 

ターンオーバーを理想の速さにするには

 

ターンオーバーを正常にする栄養他

 

正確に自分の肌が何日間でターンオーバーしているか知りたいところですが、残念ながらそれを知る術はありません。しかし、ターンオーバーが正常に機能してくれるように、しっかりと保湿ケアを行っていくことで乾燥肌も改善していくでしょう。

 

乾燥が激しい場合にはヒト型セラミドが配合されている乾燥肌化粧水を使いましょう。よくあるコラーゲン、ヒアルロン酸がたくさん入っているという程度の保湿ケアでは乾燥肌は徐々に悪化してしまいます。セラミドが重要ポイントです。

 

ここで大切なのは、基底層から生成される細胞自体が活性化され、元気な細胞が表皮に届いていればターンオーバーは正常に働くと考えられていることです。つまり、外側からのケアだけではなく内側からのケアも同時に行わないといけません。

 

肌細胞を活性化させるために食事の栄養バランスを考えて、1日最低8時間以上は睡眠時間を確保しましょう。また、現在の食生活で不足していると思われるビタミンなどの栄養素はサプリなどで補ってもよい結果が得られるはずです。

page top