ちりめんじわ 保湿

ちりめんじわは保湿で改善しよう

小じわ保湿

気になるしわの1つに「ちりめんじわ」がありますが、これは若い人から年配の方まで出来るしわです。肌表面に細かく出来るもので、主に肌の乾燥が原因と言われています。

 

目じりのしわ目の下のしわは、実年齢より老けて見えたりファンデーションが綺麗に塗れないなどの悩みにもなります。しかし、ちりめんじわはしわの中でも浅めな小じわの状態であり、保湿対策をする事で肌の改善と深いしわへの予防が出来ます。

 

まず、ちりめんじわかそうでない違う種類のしわかを判断する方法は入浴後、お肌を見ることでわかります。気になる細かい小じわが消えていたり、薄くなっていれば保湿が関係するちりめんじわです。

 

その乾燥の要因は、冬時期の乾燥や冷暖房の乾燥、パソコンなど目の酷使による眼精疲労などです。そして乾燥した肌とは、肌の水分を保護する皮脂膜が足りずに生じる状態です。

 

つまり、周囲の乾燥や加齢によるコラーゲンなどの成分減少から肌表面の皮脂不足が起こり、肌水分を閉じ込める力が低下して、ちりめんじわが出来るのです。保湿力を上げるには、肌に浸透する保湿成分をしっかり補給する事です。

 

保湿成分として高い機能を持つものにセラミドや天然植物エキスやオイルがあげられます。その成分を浸透させる働きがあるビタミンCなども良いと言われています。成分同士がサポートし合い、保湿が十分できる保湿化粧品もどんどん充実してきています。

 

ちりめんじわは綺麗な肌へと回復できますから、お手入れが楽しみ(消えるのが楽しみ)なしわと受け止めてケアを続けるとストレスを感じずに行うことができますよ。まずは手軽に使えるセラミド配合の保湿化粧水を使ってみると効果が分かりやすいと思います。

 

ちりめんじわとオリーブオイル

 

オリーブオイルとちりめんじわ

 

ちまたで話題になっているちりめんじわにオリーブオイルをつけて直すという方法がありますが、オリーブオイルには保湿効果はありません。ちりめんじわには保湿することが大切なのですが、このオリーブオイルを使い方法というのは保湿後のフタをオリーブオイルでするというだけのことなんです。

 

保湿後のフタというのは、保湿ケアを化粧水でした後に、その水分が蒸発していかないようにするための油分のことです。通常なら、乳液や美容液、クリームがそれに当たります。

 

ですから、オリーブオイルでちりめんじわがなくなるのではなく、ちゃんと保湿したという事実があるうえでの話です。保湿ケアを行わずに、オリーブオイルだけを塗ってもベタベタするだけですからご注意くださいね。

 

乳液やクリームなどがない場合、オリーブオイルでも代用ができるというだけですが、このとき使用するのは食用でない方がいいでしょう。ドラッグストアなどで化粧品に使うことができる精製してあるオリーブオイルを販売していますからそういった肌につける用のものを使ってくださいね。

page top