紫外線 しわ シミ

紫外線対策でシワ、シミ予防しましょう

紫外線対策

紫外線は浴びすぎると、しみやしわの原因になりますので、なるべく防ぎたいということでメイク用品でも日焼け止め効果があるものが多くあります。UVカットの効果が高い化粧下地なども人気があります。

 

紫外線が肌に与えるダメージは大きく、よく日の当たる場所で長時間過ごしてきたという方はシワやたるみが酷いことが多いです。逆に室内で過ごすことが多い場合の方と比べると一目瞭然です。

 

日焼けを防ぐと言う方法は皆さんご存知の通り(ページ下記にも記述してあります。)ですが、海辺に行ったとか、日に当たる時間が長かったというその日にいつも使っている保湿化粧水でパックしてあげるなど、保湿を十分にしておくと肌へのダメージを最小限にすることができます。

 

紫外線を浴びると日焼けをしますが、この時に水分量が大きく変化しています。お肌が弱って水分量が低下して代謝も下がり元気のない状態です。疲れている肌には、いつも使わないような美容成分の入っている美容液をつかうとか、美顔器でケアするということはせずに、使い慣れたもので保湿ケアしてあげるのが一番効果的です。

 

紫外線でシワも増える

紫外線というとすぐに美白!シミ、ソバカスが増える!と連想しがちですが、以外にもシワを作る大きな引き金なります。日光を浴びると紫外線の影響から真皮のコラーゲンやエラスチンが減少し、乾燥が進んできます。

 

乾燥して、しかも、肌を支えるコラーゲンなどの成分が少なくなることで一気にシワを作り出してしまうのです。秋になると空気の乾燥が酷くなり、夏に浴びた紫外線の影響が出てきて、シワ、シミが目だってきやすいのです。そうならないためにも、きちんと毎日保湿ケアを忘れずに行いましょう。

 

日焼けを防ぐ基本的な事

お肌への紫外線からのダメージを防ぐには、いくつか方法があります。まずは一番手っ取り早い、手軽な方法として日焼け止めを塗ることがあります。この場合、なるべく厚く塗るようにしましょう。また、しみのできやすいところには、二度塗りをするといいです。

 

時間が経ったり、汗をたくさんかいたあとは、塗りなおしましょう。日焼け止めでおすすめなのはベタベタしない水のような感覚のサラッとしたタイプです。汗をかいてもべたつきにくく、後から二度塗りしても重くなりませんよ。

 

たくさんの種類が薬局でも売っているので、テスターで感触を確かめてもから選ぶようにしましょう。香料の入っているものもありますが無香料のほうがほかのコスメなどと臭いが混ざらないので使いやすいですよ。

 

また、日焼け止めを塗る際は、首の後ろや耳なども塗り残しのないようにしましょう。腕など広範囲には、日焼け止めを塗らずにアームカバーを使うのもおすすめです。最近はいろいろな種類が出ています。

 

花柄のものや、グレーやベージュのボーダーなど、お手持ちの洋服に合わせてコーディネートすると、おしゃれを楽しみながら紫外線もブロックできます。UVパーカーやUVカーディガンを使うのもいいですね。薄いものだと、バッグに入れておいて、さっと使うときに出すことができます。

 

定番ですが、日傘や帽子も効果的です。日傘は夏の暑い時など、かなり涼しくなるので、UVカット効果、遮光効果の高いものを選ぶといいですね。レースがひらひらしているものでなく、さっぱりとしたシンプルなデザインのものが多いので、さりげなくさすことができます。

 

日傘をさして帽子をかぶると、ファッション的にちょっと重たすぎるのでアクティブに動くタイプなら帽子のほうがお勧めです。電車や人ごみなどは傘は邪魔になりますし、人に当たったりと危険もあります。帽子ならすぐに脱ぎ着できるのでラクチンです。

page top