乾燥肌 老化

乾燥肌は肌老化が早くなる逆アンチエイジングだった

乾燥肌は肌老化が早くなる逆アンチエイジングだった

 

肌の老化は見た目の印象も大きく変わってしまいますし、肌の老化が進めば進むほど肌自体の再生力も低下してくるため肌自体様々なトラブルを起こす原因となってしまいます。

 

この肌の老化に関係しているのが乾燥肌という状態で、乾燥肌の状態が中日毛羽長引くほど肌の老化が進行してしまうことになります。

 

なぜ、乾燥肌が肌の老化に繋がるのかを正しく知ることで、乾燥肌を改善して肌の老化も急激に進まないようにアンチエイジングしていきましょう。

 

乾燥肌が最も老化しやすい状態

 

肌の状態は見た目の印象だけでなく、健康な肌を維持できているかどうかにも関わるため非常に重要なポイントとなります。

 

例えば普通肌と乾燥肌、そして脂分の多い脂性肌がある場合、最も肌が老化しやすいのは実は乾燥肌が最も老化しやすい肌ということになります。

 

普通肌や脂性肌の場合、基本的に肌内部の水分量は適正に保たれている場合がほとんどですので、肌のバリア機能も正常に保たれており外部からの刺激などにも対応できています。

 

水分量に問題が無ければ肌の細胞は正常にターンオーバーを行いますので、古い肌が新しい肌に生まれ変わるサイクルもそれほど乱れることがありません。

 

しかし、乾燥肌の場合は肌内部の水分量が著しく不足している状態ですので、肌のバリア機能も低下しており外部からの刺激から肌を守れない状態になっています。

 

その為肌は非常に弱い状態となっていますし、正常なターンオーバーが行えないため見た目もくすんだような肌になりますし乾燥によって肌が硬くなるという状態に陥ってしまいます。

 

乾燥肌を放っておくとどうなる?

 

 

乾燥肌をそのままの状態で放置している場合、硬くなった肌は表面の角質が浮き上がったような状態になり、それが白く粉を吹いたように見えてしまいます。もちろんその状態は古い角質が剥がれ落ちていない状態ですので、肌にとっては決してよい状態であるとは言えません。

 

水分量が不足することで肌のハリや弾力もどんどん失われていきますから、しわなども目立つようになりますし毛穴の開いてしまい見た目の印象が著しく損なわれることにもなります。

 

そのため乾燥肌をいかに早く改善できるかが肌の老化を防止することにも繋がりますし、水分量が適切になれば肌のハリも戻りターンオーバーも正常になるため、古い細胞から新しい細胞への生まれ変わりも正しく行われることになります。そうすることで肌の老化は食い止められ常に美しい肌をキープすることが可能になります。

 

老化を進めないための保湿ケア

 

乾燥肌を防ぎ肌の老化を防止するためには、日々の水分補給と保湿が重要になります。基本的には肌に化粧水などで水分を補給すればいいわけですが、日頃から水分をあまり摂取しないという場合は、それだけでは身体が脱水ぎみなので十分に補給できない可能性もあります。

 

そのためスキンケアだけでなく、毎日、水を飲む習慣をつけることで、体の水分量を適正に戻すことが不可欠です。あとはその水分を逃がさないようにスキンケアを行うことと、部屋が乾燥しないように湿度に注意することで、顔だけでなく全身の肌の水分を逃がさないように出来ますし、老化を食い止めることも可能になるでしょう。

page top