乾燥肌 オロナイン

乾燥肌があのオロナインで改善するらしい?

オロナインで乾燥肌を治す

 

某美容家も推奨しているオロナイン美容法が注目を集めています。肌を健やかに美しく保つ為に、ロングセラー商品であるオロナインを用いるという方法です。

 

寒い季節に悩ましい乾燥肌にも非常に効果がある軟膏と評判なのです。さて、経済的且つ安心なオロナインを美容に役立てる際にはちょっとしたコツがあります。

 

このコツを心得るだけで、肌は益々健やかに、乾燥肌をはじめとするトラブルにも実に便利に使える事が明らかになりました。そのコツをご紹介します。

⇒オロナインの前には保湿化粧水を使いましょう

 

肌への浸透を高めるタイミングで使う

 

オロナインはお風呂上りに

 

同じ薬でも適した使用方法で最大限の効き目が期待できるようになります。特に乾燥肌の場合には、浸透させるのが一番です。

 

そこでオススメしたい使用タイミングは、入浴後。肌が柔らかくなっているので、成分が滲みこみやすくなっています。使い方は簡単。オロナインを適量手のひらに取り、少し体温で温めます。それから気になる部分にすり込みましょう。

 

化粧水やボディクリームとは異なるので、あくまでも気になる部分にのみ使用するのが基本です。肌がしっとりとしているうちは伸びもよく、使い勝手がいいと感じるでしょう。

 

もしも広範囲に使用したい場合には、身体が濡れているうちに塗り伸ばしてもOK。オロナインと水分が程よく馴染むので、その後にタオルを使う必要はありません。

 

気になるところは朝もケア

 

夕べのうちにケアした箇所に改善が見られないと判断したら、出掛ける前にもう一度塗り直しましょう。この場合にも、適量をしっかりと伸ばしてすり込む塗り方がベストです。踵や手のひび割れが酷い時には、オロナインを縫った患部を何かで覆うのがベスト。

 

例えば踵には靴下を履いたり、手には手袋などが効果的です。その際に化学繊維製品ではなく、自然素材のものを選ぶようにしてください。綿やシルクがオススメですよ。

 

オロナインは常用はしない

 

注意すべきは、毎日せっせとたくさん塗ったからといって直ぐに乾燥肌から脱出できるわけではありません。あくまでも乾燥肌が健やかになるまでのケアとして考えましょう。

 

頼り過ぎて、必要以上に使用しても効果は同じです。最悪の場合、元々の保湿力がどんどん鈍ってしまう恐れもあります。

 

したがって、乾燥していない箇所にはオロナインを塗るのは止めましょう。顔に使うときは特に注意が必要です。ますます潤いの乏しい乾燥が酷い肌にならないとも限りません。

 

通常、毎日行う保湿スキンケアはお肌に浸透しやすい高保湿の化粧水をしようしましょう。全身が気になる場合は顔用の化粧水も使ってもいいのですが、たっぷり使える大容量で専用のものがドラッグストアなどで販売されていますからそういったものを使うほうがコスパもいいでしょう。

 

清潔な手で使いましょう

 

乾燥したお肌はとくにバリア機能が低下しがちで、細菌などにも弱い状態ですから、手でオロナインを塗る場合、清潔にしておくことを忘れないようにしましょう。

 

それは肌のためでもあり、オロナイン容器を清潔に保つ為でもあります。栄養成分が豊富なので、雑菌が混入すると品質が変わってしまう恐れが生じることもあります。

 

乾燥肌から脱出し、健やかな肌を保つ為に局部的にオロナインを使うのは有効です。しかしながら正しい用法を守らなければ、オロナインを選択した意味がなくなってしまいます。使いすぎに注意して、これらのコツを頭の隅に入れ、早めに乾燥肌から卒業しましょう。

page top