季節の変わり目の敏感肌

季節の変わり目の敏感肌

季節の変わり目は温度差が大きく環境も急激に変わります。この環境変化で肌はとても敏感になってしまいます。

 

この季節の変わり目だけ肌の調子が悪くなることをゆらぎ肌ともいうそうです。そう呼ばれるほど季節の変わり目に肌トラブルを抱える人はとても増えているのです。

 

ゆらぎ肌は春先が最も多いと言われています。また、ゆらぎ肌というのは春だけのものとする人もいるようです。逆に春は大丈夫だけど秋にだけ肌質がおかしくなるという場合もあります。

 

ともあれ、季節の変わり目に起こる温度差や環境の変化などが刺激やストレスとなって急に肌が乾燥してしまったりにきびができたりしてしまうことが多い季節の変わり目は普段以上にスキンケアに気を付けたいですよね。

 

この季節の変わり目のスキンケアは原因となる刺激を少なくしてあげることから始めましょう。花粉や紫外線などの刺激から肌を守ってあげることなどがそうですね。

 

また、過剰なスキンケアはかえって刺激が強すぎてしまう場合があるので注意しなければなりません。肌が弱っていると吸収率も下がっていますし化粧水や美容液が刺激になってしまう場合もあります。こまめに肌のチェックをすることでその時その時の肌に合ったスキンケアをするようにしましょう。

 

かゆみや赤みなどが出た時はセラミド成分が含まれているものがいいでしょう。セラミドには肌の炎症を抑える効果があります。またビタミンが多く含まれているものを食べるなど体の内側からのケアもするとさらに効果が期待できます。いつもと違うケアをすることで上手に季節の変わり目を乗り切りましょう。

 

夏の肌ダメージと乾燥が激しくなる季節、秋のスキンケアはこちら。

 

ゆらぎ肌は大人ニキビができやすい?

ゆらぎ肌の主な症状は、敏感肌に近いものがあり、お肌がピリピリしたり、ニキビまではならなくてもポツっとした炎症ができたり、Tゾーンがべたつくということなどがあります。

 

ずっと同じ基礎化粧品を使ってきたのに、化粧水を使ったらしみて痛くなったという声も聞かれます。ゆらぎ肌の原因は急激な気温の変化とされています。体の機能がついていけずにホルモンバランスが崩れるために起こるというのです。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうのが原因ならそれも改善していく必要があるかもしれませんが、体内からのケアというのは、時間がかかりますから定番の保湿ケアというのが一番有効でしょう。

 

ゆらぎ肌に悩む人はこの時期(春、秋)にはニキビが多発することもあります。いつもニキビは顎にできるのに、ゆらぎ肌の時は頬にできるなどの違いがみられることもあります。

 

ニキビができてからケアするよりも予防対策しておくほうが、つらい思いをしなくて済みますし効率的ですよね。気温が上がってくる、下がってくるという時期にはいつもよりもさらに保湿効果のある化粧水を使うようにしましょう。

 

乾燥を防いで美肌を守る

 

肌トラブルの多くの原因が肌の乾燥にあります。健康な肌は潤っていて瑞々しいですよね。健康な肌と乾燥した肌とではどう違うのか比べてみましょう。

 

健康な肌は細胞が正常に働いています。コラーゲンなども整っていて弾力があり、ターンオーバーの乱れもなく角質も整っています。角質が整っているのでバリア機能も機能しているので肌トラブルが起きにくい状態です。

 

見た目も美しいので憧れますよね。ところが乾燥している肌は角質がめくれあがってしまったり、はがれ落ちてしまったりしてバリア機能が低下してしまいます。こうなると少しの刺激にも耐えられなくなります。

 

また、角質が乱れてしまうことにより、外からの刺激が内部まで入りやすいのでより多くのトラブルを引き起こしてしまうことになります。そして見た目も角質の乱れによる乱反射でくすんで見えたり、乾燥して潤いがないのでシワが目立ったりと老けて見えてしまう原因にもなります。

 

元々角質層はセラミドという天然の保湿成分を持っているので、空気が乾燥しても肌が乾燥するということはありません。このセラミドのおかげで肌は約30%もの水分を含んでいるのですが、この水分保有量が30%以下になってくると乾燥肌と呼ばれてしまいます。

 

ですから、乾燥している肌はまず保湿をして角質層を整えることから始めなければなりません。また、ターンオーバーの乱れを整える必要がある場合は生活習慣の見直しやスキンケアの方法を見直す必要もあります。

 

乾燥で毛穴も目立ってくる

 

お肌が乾燥すると毛穴が開いてくることが多いです。初めは毛穴が目立つようになったけど、どうしたんだろう?くらいに思っていいると、あっという間に帯状毛穴になってしまいます。

 

帯状毛穴とはお肌にハリがなくなり、毛穴に毛穴が小じわのようになってつながってしまうことをいいます。ちゃんとケアしないで、そのまま放置しておくとどんどんひどくなり、本当の小じわになってしまうのです。

 

とくに多いのは頬の部分、目の下、鼻の横あたりで乾燥しやすい場所です。ここの毛穴が目立ってきたと思ったら早めにケアしていきましょう。

 

こうなってしまう原因は乾燥にあるので、保湿ケアをしていけば改善していきます。ただし、今まで使っていた化粧水などでは、うるおいを戻すにはパワーが足りません。

 

その化粧水でちゃんと保湿できていれば、毛穴は目立ってこないはずです。高い美容液を使って保湿するよりも、基本的な化粧水をもっと高保湿のものに変えてみてください。お肌にハリが戻ってきますよ。

page top