乾燥肌 ニキビ

乾燥肌が原因のニキビ。その対策とは?

乾燥肌が原因のニキビ。その対策とは?

 

ニキビができるのは肌に油分が多いからだと勘違いしている人も多いです。確かに思春期のニキビに関しては、肌の油分が原因となっていることが多いですが、大人になると必ずしもそうではありません。

 

そのため思春期ニキビ用の化粧品を大人が使用しても効果が感じられないことが多いのです。大人の肌は乾燥によるニキビが多いと言われています。

 

乾燥した肌なのにどうしてニキビができるのか、対策はどうすれば良いのか考えてみましょう。

⇒保湿化粧水で乾燥対策

 

乾燥した肌にニキビができやすい理由

 

ニキビの原因は、毛穴に油分が溜まってしまうことと、それにより毛穴が塞がれることで起こります。詰まった毛穴の汚れが酸化すると、さらに悪化してしまうことも多いです。

 

皮脂の分泌が過剰だとニキビも沢山できます。乾燥肌の人は、水分が少なくなった肌を守ろうと顔の一部分のみに皮脂が過剰に分泌されるなどがあり、毛穴が詰まりやすいという状況がニキビを作り出しています。

 

また肌が乾燥すると、肌の水分量が減って肌が硬くなります。ごわついた状態の肌は新陳代謝が悪くなり、そのことによって新しい皮膚に生まれ変わるサイクルが乱れてきます。汚れが排出されにくい状態になってしまうのでニキビができやすい状態なのです。

 

お肌の健康を守る役目のあるバリア機能というものがありますが、乾燥したお肌ではこの働きが低下してしまい、外側からの刺激に負けて肌トラブルを起こしやすくなります。

 

乾燥肌のニキビ対策はどうすれば良いのか

 

乾燥肌のニキビには保湿ケア

 

乾燥することでできるニキビは、肌を乾燥させてしまわない保湿ケアが重要なことは分かります。具体的にどうケアをすれば良いのかというと、保湿成分をたっぷりと含む化粧水を使って、角質層に水分をしっかりと補ってあげることです。

 

クリームをたくさん塗っても、角質層に水分が十分に補給されていなければ意味がありませんから、まずはお肌の水分量を高保湿の化粧水で高めていきましょう。このときに化粧水に配合されている保湿成分に関しては、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドを含んでいるものが良いです。

 

特にセラミドは、肌のターンオーバーを正常にしていくのに役立つ保湿効果の高い成分です。こういった成分配合の化粧水でたっぷりと保湿してからクリームなどの化粧品で蒸発しないようにフタをしてあげましょう。油分を含まないものでフタをするほうがニキビを発生させにくいので良いですよ。

 

肌の状態をよく観察してケアしましょう

 

肌の状態は、季節を通して常に変化しています。春と夏では肌の状態は異なりますし、細かく見ていけば生理前や生理中なども肌の状態が違っています。ということは、その時の状況に合わせたケアをすることが良い肌の状態を維持するためには必要になってきます。

 

毎日決まったものを使ってケアしているという人は、肌の状態のよって選択できるようにいくつかのアイテムを揃えておくことをおすすめします。同じ乾燥状態でもAの化粧水が良い時とBの化粧水のほうが肌が落ち着く時とがありますので、使い分けることをおすすめします。

 

はじめはなかなか分かりにくいかもしれませんが、肌に触ってみて、鏡で見て状態をチェックしてみてください。自分のお肌を把握できれば乾燥を防いでニキビができないようにするのも簡単になります。

page top