乾燥肌タイプのスキンケア

乾燥肌タイプのスキンケア

乾燥肌の人の特徴は皮脂量も水分量も少ない肌でカサカサした感じがしたり、乾燥している状態が長引いたり悪化すると肌荒れが気になったりすることです。キメが細かく全体的に乾燥している人が多くいるように思われます。

 

一番の悩みは目元や口元に小ジワがでてくるのが早く、20代で毛穴が開いて、細かいちりめんじわが目立ってきます。

 

ちりめんじわや小ジワは放っておくと深いシワになってしまうので注意が必要です。また、紫外線や乾燥で肌が痒くなったり湿疹ができる人もいると思います。肌の乾燥から起こる症状なのですがここまで来ると敏感肌になっているということです。

 

乾燥肌にいい化粧水

乾燥肌にいい化粧水

 

基礎化粧品は保湿化粧水や保湿美容液などは刺激が少ないものをたっぷりと使うように心がけましょう。乾燥が酷くしみる時は、セラミド配合の化粧水や天然保湿成分が配合された化粧品がいいでしょう。

 

セラミドは肌の乾燥を防ぐバリア機能にとってとても重要な役目をしています。バリア機能は角質層がもっている肌が乾燥しないように予防する働きをしてくれますが、セラミドが不足すると角質層が荒れてきて、バリア機能が低下し、肌の水分が蒸発するようになります。

 

紫外線や老化、ストレスなどでセラミドの量が減少して乾燥肌や敏感肌になってしまうのです。うるおいのある肌をつくるのに必要なセラミドを保湿化粧水などで肌に与えれば、しっとりとうるおいのあるお肌に近づけることができます。
セラミドの中でもヒト型ナノセラミドは人間の皮膚にすんなりと不足しているセラミドを補充してくれ、乾燥している部分にうるおいをあたえてくれます。⇒ヒト型ナノセラミド配合の保湿化粧水

 

洗顔でも乾燥が悪化する!

乾燥肌の人は洗顔後に肌がつっぱってこわばってしまうと思います。すると化粧ノリが悪くなってしまったり、かぶれてしまったりと肌トラブルを起こしやすくなります。これは角質層が乾燥してめくれあがってしまうからなのですが、肌のくすみなどにつながってしまいます。

 

対策としてはなるべく肌に負担をかけない皮脂を取りすぎない洗顔料をしようすることです。クレンジングも同様に皮脂が完全になくなってしまうような強力な洗浄力でないものがいいでしょう。オイルタイプよりもミルクタイプがおすすめです。

 

また、シートタイプのふき取るクレンジングは擦ることで肌を傷めることになるので、使わないようにしてください。根本的にクレンジング自体が良くないのでメイクを薄くし洗顔料だけで落とすということも乾燥肌対策には有効です。

 

化粧は毛穴をふさいでしまったり、化粧を落とす時に使うクレンジングなど、何かと肌に負担をかけることが多いです。摩擦による刺激はくすみやシミの原因になりますし、日焼け止めも紫外線吸収剤が入っているものは肌への負担が大きくなります。

 

ファンデーションも保湿効果のあるものなどがいいでしょう。肌は1年中乾燥する環境にさらされがちです。保湿パック、美顔器でのケアなどのスペシャルケアも取り入れながらしっかり保湿していきましょう。

page top