乾燥肌 ダニ

顔ダニが多すぎ、少なすぎで乾燥肌も悪化する?

顔ダニが多すぎ、少なすぎで乾燥肌も悪化する?

 

顔ダニという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、人間の肌に生息するダニのことを言います。

 

顔ダニは、特に顔にだけ住んでいるのではありませんが、他の場所に比べて顔に生息する割合が高いことから、顔ダニと呼ばれているようです。

 

この顔ダニ、大人なら誰にでも存在するもので、嫌悪感がある方はいらっしゃるとは思いますが、正常な状態なら何の問題もありません。

 

しかし、バランスを崩すと肌に影響を与えてしまいます。その一つが乾燥肌です。今回は、顔ダニとは一体何なのか、顔ダニと乾燥肌の関係、顔ダニを正常な状態に保つ対処法をご紹介していきたいと思います。

 

肌に寄生して悪影響のある顔ダニの正体とは

 

 

顔ダニとは、別名ニキビダニとも呼ばれる哺乳類の皮膚に寄生するダニのことを言います。生まれたばかりの赤ちゃんの肌には存在しませんが、日本人の97%の人の肌に生息しているのです。

 

顔ダニは、人間の皮脂をえさにして生きているので、皮脂の量を調節してくれる役目も担っています。しかし、それだけならいいのですが、顔ダニの排泄物や死骸がそのまま落ちずに毛穴に残ってしまうため、ニキビや肌荒れの原因となってしまうのです。

 

そういったことから、ニキビダニとも呼ばれているようです。顔ダニは、皮脂があれば食べてくれますが、まったくないとダニ自体の生存ができなくなります。

 

皮脂量のちょうどよいバランスを保てば、肌がべたつかないようになどと上手にコントロールしてくれます。しかし、少なすぎたり多すぎたりすると乾燥肌などのトラブルに繋がってしまうのです。

 

なぜ乾燥肌など肌トラブルの原因になる?

 

顔ダニが多く肌に存在すると、その分皮脂をたくさん食べられてしまうので、乾燥肌になってしまいます。また、皮脂だけでなく肌にとって必要な細胞や栄養素までも奪われてしまうことも、乾燥肌へと繋がっていくのです。

 

そして、顔ダニが少なくても皮脂のバランスが保てないために、正常な肌の状態を保ちにくくなり、乾燥肌の原因にもなってしまいます。

 

他にも、顔ダニが増えすぎると、顔が痒くなったり、皮膚が傷つけられて肌が老化してしまうトラブルなどもあります。

 

顔ダニ大量発生を防ぐ、朝と夜の適度な洗顔

 

やさしく洗顔

 

顔ダニが増えすぎてしまう原因は、顔ダニのえさとなる皮脂の量が多く、清潔な肌の状態を保てていないことです。乾燥肌でもちゃんと、朝晩の洗顔で余分な皮脂を洗い流すように心がけましょう。

 

顔ダニは夜行性のため、まず夜の洗顔できれいにしてもまた現われてしまうので、朝にもしっかりと洗顔をしましょう。その際、洗顔材を肌に残してしまうと雑菌が繁殖して顔ダニのえさになってしまうので、しっかり洗い流すようにしたいですね。

 

しかし、洗顔のし過ぎは乾燥肌の原因ともなってしまうので、優しい洗顔料で適度に行うようにしたいところです。他にも、脂っこい食べ物を控えたり、睡眠をしっかり取ったり、顔のムダ毛を剃ることも顔ダニの対策となります。

 

しかし、顔ダニは美肌のためにも必要なものですので、気持ち悪いからとあまりやっきになって取り除きすぎないようにしたいですね。バランス良く、顔ダニと乾燥肌の対策を行っていきましょう。

page top