乾燥肌を改善するためにお肌のバリア機能を正常化させる

乾燥肌を改善するためにお肌のバリア機能を正常化させる

肌のバリア機能

お肌トラブルの中でも、最近多くなっているのは肌が荒れやすい敏感肌です。敏感肌の人は、ちょっとした外的な刺激に反応して痒くなってしまったり、炎症を起こしてしまいやすくなります。

 

基礎化粧品もあうものとあわないものの差が激しく、あわないとかぶれてしまったり、赤くなってブツブツができたりします。このように厄介な敏感肌、具体的に肌の状態はどのようになっているのでしょうか。

 

まず、確実に言えるのは、敏感肌の人は確実にお肌が乾燥しています。敏感肌の人で、脂性肌の人は確実にいないと断言してもよいくらいです。どうして乾燥肌の人だけ敏感肌になるのでしょうか。

 

乾燥が原因の敏感肌の場合、お肌のバリア機能が正常に働いてくれないからなのです。もし、普通肌の場合であれば、お肌のバリア機能は崩れていないので、ちょっとした刺激などがあっても問題なく、お肌は耐えることができます。

 

お肌のバリア機能とは・・・
外からの刺激から肌を守る機能のことで、この機能が正常に働いているなら角質層まで刺激物が侵入してこないようにガードしてくれるのです。バリア機能が低下すると肌荒れが起こり、肌にダメージが残るため、シワやシミ、たるみの原因にもなります。

 

乾燥肌の場合は、お肌に十分な水分がないため、角質層に隙間ができ、そこから外からの刺激物などが容易に侵入してきてしまいます。お肌のバリア機能が崩れてしまっている状態です。この場合、敏感肌の症状が出てしまいがちです。

 

角質層にうるおいを与えることが乾燥肌、敏感肌での改善に一番効果がありますし、だれでも保湿ケアするだけなので簡単にできます。この時肌を保湿するのには、保湿力が辛い化粧水を使用するといいでしょう。特にセラミド配合の保湿化粧水は乾燥肌におすすめです。

 

また、敏感肌はお肌だけの問題ではなく、体調の影響もかなり受けます。生活習慣が乱れていることで、乾燥肌になり、敏感肌になってしまうと言う、良くない連鎖が起きてしまっていることも。お肌だけではなく、体全体の健康にも注意することが重要です。トータル的な健康を、きちんと調子を整えたいですね。

 

バリア機能を高めるには?

バリア機能が低下する原因はお肌の乾燥、紫外線の影響、ストレスなどがありますが、もっとも問題なのはお肌の乾燥です。ストレスや紫外線の影響も肌にうるおいを十分与えてあげていると、酷く肌荒れすることはほぼありません。

 

肌の乾燥をなんとかすればバリア機能もアップします。このお肌を守る機能が高まってくれれば、肌の状態が良くなりますから、シワ、シミ、たるみ、毛穴の開きなどもできにくくなり、目立たなくなります。

 

バリア機能を高めるなんて自分でするのは大変そう、クリニックにいかないとできないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、案外簡単にできるんです。バリア機能をアップするには乾燥を避ければいいのですから、毎日、ちゃんと保湿ケアをすることです。

 

これまで肌トラブルがあったという方は、お使いの基礎化粧品の保湿力に問題がある可能性があります。保湿ケアにオススメ成分であるセラミドが配合してあるかなどをもう一度確認してみてください。

 

現在、使用中のものが保湿不足でしたら、セラミド配合の高保湿化粧水に変えてスキンケアするようにしましょう。また、生活のリズムも規則正しくし、美肌に必要なビタミンなども食事からちゃんととれるようにしていけば、乾燥肌の克服までそう長くかからないはずです。

page top