インナードライ 大人ニキビ 白ニキビ

インナードライと大人ニキビ、白ニキビ対策

 

インナードライになると、肌の奥深くの水分保持量が少ないため、皮脂の分泌が活発なってしまい、肌の水分量と皮脂量のバランスが崩れてしまいますから、お肌には様々なトラブルが起きてしまいます。

 

また、同じ顔の中でも部分によって、お肌の状態が均一でなく、口周りはカサカサなのに、Tゾーンはテカテカになってしまうなど、ケアも大変ですし見た目も良くありません。メイクをするのも一苦労でしょう。

 

エイジングケア世代の30代、40代以降の女性には大敵であるシミやシワも出来やすくなってしまいます。これはインナードライによって肌のコンディションが悪くなってしまうため、肌が本来持つバリア機能が低下してしまうからです。

 

こうなると、肌は外部からの刺激に非常に敏感で弱くなってしまいます。これまで使い慣れてきた化粧水、美容液などでも刺激になってしまい、シミ、シワの原因になってしまうのです。

 

大人ニキビ、白ニキビができやすい

 

インナードライで大人ニキビ白ニキビ

 

インナードライは大人ニキビを発生させやすくなります。インナードライは自覚が少ない乾燥肌でもあるのでお肌が乾燥してもそのままケアをしないということも多く、乾燥が続いたお肌は、肌を保護しなければと過剰に皮脂を分泌させます。

 

こういったときの皮脂は大量に一気に分泌されるので、毛穴を詰まらせる原因になってしまうのです。毛穴が詰まって白ニキビになり、酸化してしまうと黒ニキビになり、それがさらに悪化してしまうと赤ニキビになって腫れ上がるのです。

 

ニキビは痛いですし、メイクをするとき鏡を見てがっかりしてしまいますよね。人からの視線も辛いものです。しかも、最悪なのは治った後にもニキビ跡として、シミとして残ってしまうことです。大人ニキビができるたびにシミが1つずつ増えていくなんて耐えられませんよね。うんざりしてしまいます。

 

大人ニキビを予防するには?

 

思春期ニキビの場合は余分な皮脂を取り除いて改善させていきますが、インナードライで引き起こされた大人ニキビは、保湿を徹底することで改善されます。

 

脱脂力の強い洗顔フォームは避けてください。肌が余計に乾燥してしまいますし、ニキビも刺激されてしまいます。ニキビ用の洗顔フォームを使うようにしましょう。

 

さっぱりめの化粧水を使うのは止めて、保湿効果の高い化粧品を使いましょう。セラミド、グリセリン、コラーゲン、ヒアルロン酸が配合されたものを積極的に使っていってください。

 

肌が保湿されることで、過剰な皮脂の分泌を防ぐことが出来ます。ビタミンC誘導体が配合されている美容液も、ニキビの改善などに役立つ効果があります。シワ、シミ対策も出来るので、ぜひ使っていきたい成分ですね。

 

また、肌は洗顔後にどんどん水分が蒸発していってしまいますから、洗顔後には直ぐに保湿スキンケアをしてください。洗顔後に間を開けずに化粧水や乳液をつけていきましょう。水分の蒸発を防ぐことが出来ます。

 

インナードライが原因で起きるニキビは保湿をしっかりしていくと、ニキビの出来にくい肌にすることができますし、インナードライ自体を改善することにも繋がります。

page top