乾燥肌 フケ

フケが多いのは乾燥肌が原因だった?

フケが多いのは乾燥肌が原因だった?

 

乾燥肌と言えば、顔や手足、背中などのトラブルがまず思いつくと思いますが、頭皮の乾燥もまたやっかいなトラブルを引き起こします。乾燥肌の方は、頭皮も乾燥してしまうことが多いので、かゆみやフケなどの症状に苦しむ方も多いでしょう。

 

頭皮の乾燥のトラブルの中でも、フケは周りの目も気になりますし、なかなか治りにくいので困りものです。乾燥肌の方がフケがたくさん出てしまう原因と、その予防の仕方をご紹介したいと思います。

 

2種類あるフケの原因、乾燥肌の場合は?

 

フケの正体は、頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものです。このフケには乾性と湿性の2種類あり、それぞれ全く異なった原因で発生します。乾性のフケは頭皮の皮脂が不足したことで起こり、湿性のフケは皮脂が過剰に分泌されたことによって起こるのです。

 

乾燥肌の方のフケは乾性のフケに当たり、パラパラとした細かいフケの形状が特徴的です。頭皮の皮脂の分泌の不足には様々な要因が考えられますが、乾燥肌のようにもともとの体質もひとつの要因となります。他にも大きく分けると2つの要因に分けることができます。

 

頭皮の皮脂の分泌が減ってしまう内的な要因とは?

 

 

頭皮の皮脂の分泌には、生活習慣などが影響を及ぼします。ストレスや偏りのある食生活、睡眠不足などにより、皮脂の分泌が減ってしまうのです。ホルモンバランスの乱れも注意しておかなければなりません。まずはバランスのとれた食事、健康的な生活をして、フケの原因を減らしていきましょう。

 

また、もともとの乾燥肌体質による皮脂の分泌の不足には、サプリメントなどでコラーゲンを補うのも一つの方法です。食事でも積極的に取り入れていきたいところです。化粧水やローション、椿油などで頭皮の保湿をするのもいいでしょう。

 

シャンプーのやり方を変えて、外的な要因を予防

 

フケの原因は内的な要因だけではなく、もともとはあった皮脂が外的な要因で失われることもあります。パーマやカラーなどの過剰なヘアケアも原因になりますが、シャンプーやシャンプーのやり方が原因となることも多いです。

 

シャンプーは頭皮を清潔に保つために重要なものですが、やり過ぎると頭皮から皮脂が奪われてしまいます。もともと分泌量の少ない乾燥肌の方は特に注意が必要ですので、まずはシャンプーの種類を洗浄力の強すぎないものに変えてみましょう。

 

シャンプーの頻度も思い切って減らしておきたいところです。気になる方はシャンプーをつけずにお湯で洗うだけの日を作るなどするといいでしょう。シャンプーの量もなるべく減らして、まずはお湯で丁寧に洗ってから、シャンプーをつけると少量でも泡立ちよく洗えます。

 

乾燥肌のフケを予防していきましょう

 

いかがでしたか?乾燥肌の方はフケに悩まされることも多いでしょうが、生活習慣や食事を変えることで少しずつですが体質を変えていくことも可能だと思います。

 

また、体質を変えることだけでなく、身近なことからフケの対策をすることができます。シャンプーのやり方などはそれを変えただけでも頭皮の乾燥が抑えられた方も多いので、ぜひお試しください。

 

フケはかきむしってしまうと、余計に悪化してしまいます。様々な方法でフケの予防をして、快適な生活を送りたいものですね。

page top