しわ解消 保湿パック

しわ解消に集中保湿パックしてみては?

しわ解消保湿パック

年を重ねるにつれて刻まれているシワは、できれば消し去りたいと思う女性は多くいると思います。一度できてしまったシワを解消するためには美容外科などで注射を打たなければならない、と思う人も多いと思いますが、普段の保湿ケアをしっかりと行うだけである程度改善することはできます。

 

特に、目じりや目の下などにはとくに細かい小じわができやすいので、コットンとたっぷりの保湿化粧水を使って集中保湿パックを行いましょう。

 

使用する保湿化粧水は高級化粧水である必要は全くありません。セラミド、ヒアルロン酸などの肌の水分量をアップしてくれる保湿成分が配合されている化粧水を使うようにしてください。いつも洗顔後に使用している保湿化粧水で十分効果が期待できます。

 

保湿化粧水で手作りフェイスパック

集中保湿パックの方法は簡単です。まず、コットン、もしくはちぎったキッチンペーパーにたっぷりの保湿化粧水を含ませて、シワが気になる部分にのせます。

 

その上からさらにラップなどをせて蓋をし、5分から10分程度放っておきます。時間が経ったらそっと手作りフェイスパックを取り除いて、乳液や美容クリームをつけておきましょう。肌に水分がグングン入り込んで、潤いとハリを補給することができます。

 

パックをする時には、コットンがカラカラに乾ききってしまうほど長時間行うと、逆に肌の水分が失われてしまう原因になりますし、肌に張り付くので取り除く時に肌に傷をつけてしまうことも。湿り気の残る程度でパックははがし、残った化粧水は首や腕などに塗って使いましょう。

 

また、普通肌の場合はパックを行う前にピーリングなどお肌の汚れや古い角質をしっかり落としておくと効果的に働いてくれますよ。古い角質をあらかじめ除去しておくことで、より肌に水分が吸収されやすくなるのでパック後のうるおい度が違ってきます。

 

乾燥肌、敏感肌の場合はピーリングはしない方がいいでしょう。角質層が剥がれ気味になっているので、そこから肌が刺激され肌荒れの原因になることもあります。パックの前には優しく洗顔する程度でOKです。

 

市販のパックは?

お肌の丈夫な方やこれまでも使っているフェイスパックがあるという場合は使用しても問題ありません。しかし、保湿ケアがいつもは足りていないという弱った肌には使い慣れた基礎化粧品を使ってケアしていくのが安全です。

 

美肌効果のある成分だとしても敏感肌や乾燥の進んだお肌には刺激になることがあります。宣伝文句をみるとついつい新しいものを手に取ってみたくなりますが、肌が荒れてしまっては元も子もありませんからね。

page top