乾燥肌 ホホバオイル

ホホバオイルの保湿効果で乾燥肌を解消!

ホホバオイルの保湿効果で乾燥肌を解消!

 

空気が乾燥する季節になると、顔や体の乾燥に悩む方も多いはず。本来、肌には水分を保持したり外からの刺激から守るバリア機能があるのですが、乾燥肌はうるおいが失われバリア機能が低下している状態です。

 

対処法としては、正しい洗顔を行い、何よりも保湿することが重要です。様々な保湿化粧品がありますが、乾燥肌は敏感になっているため化粧品選びが重要です。

 

1つの選択肢として、天然のオーガニックオイルであるホホバオイルは、乾燥肌に有効です。

⇒お肌の乾燥に効果的な保湿化粧水

 

ホホバオイルって何?

 

ホホバオイル

 

「ホホバオイル」は、カリフォルニアやメキシコといった地域の砂漠地帯に生える、「ホホバ」という多年草の種子から抽出した天然のオイルです。

 

オイルの中でも安全性が高く低刺激なので、肌の保湿だけでなく、髪のケアややけどの治療、アロママッサージなどにも使用されています。主成分は「ワックステイル」というもので、人の皮脂膜と似た構造をしているので、肌なじみが抜群にいいのです。

 

さらに、酸化しにくい性質のため防腐剤などの添加物が必要なく低刺激です。ホホバオイルには、その性質から多くの効果がありますが、圧倒的な保湿力があるため乾燥肌対策におすすめです。注意点としては、天然のオイルのために温度が低い場所で保管すると、固まってしまいます。

 

常温に置いて保管しましょう。また安全・低刺激なホホバオイルでも、特に肌が敏感な方には合わない場合もあるので、そういう方は事前のパッチテストをおすすめします。

 

乾燥肌を改善するホホバオイルの簡単な使い方

 

ホホバオイルの成分であるワックステイルは、肌の表面でバリア機能を果たし、水分の蒸発を防いで肌にうるおいやハリを与えてくれます。使用感はさらさらで、オイルとは思えないほどです。すっと肌になじんでいくのでべたつく感じがありません。

 

その使い方は、数滴をただ顔や体に伸ばして塗るだけです。顔は洗顔後に化粧水を付けた後、ホホバオイルを3〜4滴肌に広げてぬります。洗顔後にすぐにホホバオイルを使用する方法もありますが、より刺激が少ない方法として化粧水後の使用をおすすめします。

 

また、手持ちの保湿化粧水やクリームにホホバオイルを混ぜて使用する方法もあります。保湿力を高めてくれるので、これもおすすめの使用法です。体には、入浴後、肌が柔らかくなっていて水分が残っている状態で使用するのが効果的です。

 

乾燥が気になる部分に、数滴ずつ肌に伸ばしていきます。顔に使用する場合も体の場合も、ごしごしとこすらずに、やさしく伸ばして広げるのがポイントです。ハンドプレスで、しっかりと肌に浸透させて乾燥肌を改善しましょう。

 

ホホバオイルは、比較的手ごろな価格の多くの商品があります。自分に合うホホバオイルを見つけて、乾燥肌対策に役立てましょう。

page top