乾燥肌 日焼け

日焼けするとさらに進行する乾燥肌を予防する

日焼けするとさらに進行する乾燥肌を予防する

 

乾燥肌になると、どんな化粧品を使っていいか悩んでしまいますよね。その中でも日焼け止めは、強い成分を含んでいるため、乾燥肌の方には刺激が強く、クレンジングを使って洗い流す時にさらなる乾燥を引き起こしてしまいます。

 

しかし、乾燥肌の方は、日焼けになりやすいと言われているので、紫外線対策を怠るわけにはいきません。一体どうして、日焼けしやすいのでしょうか。今回は、その理由と乾燥肌の方の紫外線対策について、ご紹介していきたいと思います。

 

乾燥肌の人が日焼けしやすい理由と肌のバリア機能

 

 

乾燥肌の人は肌荒れがひどくなったり、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。これは、肌トラブルを起こしやすい肌の状態になっているからです。肌は肌の表面にある角質細胞同士の結束によって守られています。これを肌のバリア機能といいます。

 

角質細胞を保つための水分が少ない乾燥肌の状態になると、肌のバリア機能が弱まった状態となり、紫外線や細菌などの刺激が中に入りやすい状態になってしまいます。

 

このため、肌トラブルを起こしやすくなってしまうのです。つまり、肌のバリア機能が弱まると、紫外線を吸収しやすくなるため、日焼けになりやすいというわけです。

 

さらに、乾燥肌の人はターンオーバーと言われる肌細胞の生まれ変わりの機能も正常に働いていないため、メラニン色素が肌に残ってしまい、顔のくすみとなってしまうのです。日焼けはしみや深いしわにも繋がっていくので、これは気を付けなければいけませんね。

 

注意して紫外線対策を

 

 

紫外線対策のためには、日焼け止めクリームをこまめに塗ったり、日傘やUVカット付きの帽子などで紫外線を避けるように心がけていきたいところです。

 

また、そもそも肌が乾燥した状態が紫外線を吸収しやすくしてしまうので、肌の保湿を心がけることも紫外線対策に繋がります。

 

肌の保湿には、セラミドを補給することが有効な手段と言えるでしょう。角質細胞の中にある保湿成分のセラミドが不足すると、肌のバリア機能が弱まって日焼けしやすくなってしまうため、不足したセラミドを補給する必要があるのです。

 

日焼け止めを選ぶときの注意点

 

乾燥肌の人は日焼けしやすいため、日焼け止めクリームをこまめに塗るのは大切なことなのですが、その日焼け止めクリームによって肌に刺激を与えることにもなってしまいます。日焼け止めに配合されている紫外線吸収剤や紫外線散乱剤などの成分は、肌への負担が強いものもあり、肌の乾燥がひどくなってしまう可能性があります。

 

乾燥肌の人は、紫外線吸収剤不使用、ノンケミカルといった表示がされている日焼け止めを選べば、比較的肌への刺激が少なく済むでしょう。

 

保湿成分が含まれている日焼け止めも販売されています。さらに保湿効果を高めるため、日焼け止めを塗る前に十分に化粧水などで保湿をすることが大切です。

 

化粧水、乳液をつけた後に肌にしっかりとなじませてから、日焼け止めを塗るといいでしょう。お肌が乾燥しやすいうえに、日焼け止めにも注意しなくてはいけなくて大変ですが、しっかりとケアをしてさらなる肌トラブルを予防していきたいものです。

page top