乾燥肌 ヘパリン

カサカサな乾燥肌にヘパリン、ヘパソフトも有効

カサカサな乾燥肌にヘパリン、ヘパソフトも有効

 

空気が乾燥する季節や加齢などによって、乾燥肌に悩んでいる方は多いものです。水分が足りていない一般的な乾燥肌の対策としては、まず保湿することが大切になります。

 

乾燥の症状がひりひりするなど重い場合やかゆみを伴う場合には、市販されている乾燥肌用商品のクリームやローションを試してみるのもおすすめです。

 

乾燥肌用の商品は、よく知られている「尿素」や「セラミド」、「ワセリン」が配合されているものが多いのですが、現在「ヘパリン類似物質」という成分が配合されているものも目にするようになりました。

 

次に「ヘパリン類似物質」について、そして配合されている商品について紹介します。

 

ヘパリン類似物質って何?

 

「ヘパリン類似物質」とは、文字通り人の体の中に存在する「ヘパリン」という物質に似た作用がある成分のことです。

 

日本では、50年以上前から乾燥肌への対策成分として使用されている馴染みあるものです。皮膚科では、「ヒルドイド」という名称で呼ばれています。「ヘパリン類似物質」は低刺激で、保湿・血行促進・抗炎症の3つの作用があります。

 

肌が乾燥すると、外からの刺激から肌を守るバリア機能が低下してしまいますが、「ヘパリン類似物質」はその弱ったバリア機能を改善して新陳代謝を高めてくれます。

 

また抗炎症作用もあるので、肌の修復を促進してくれるとされています。

 

ヘパリン類似物質配合のヘパソフト

 

⇒ヘパソフト

 

「ヘパリン類似物質」が配合されている保湿剤には、ローションやクリーム、スプレーなどがあります。自分の肌の状態や用途、また使用感によってどのタイプを選ぶとよいかを考えるといいでしょう。

 

代表的な商品の1つに、ロート製薬の「ヘパソフトプラス」と「ヘパソフト」があります。「ヘパソフトプラス」は、かゆみを伴いかきむしってしまう乾燥肌に有効な医薬品で体に塗布するためのクリームです。

 

この商品の特徴は、「ヘパリン類似物質」だけでなく、さらに乾燥肌を修復する成分として「パンテノール」、かゆみを鎮めるという成分として「ジフェンヒドラミン」「クロタミトン」を配合し、それぞれW配合することで、かゆみのある乾燥肌に最適な処方になっていることです。

 

一方、「ヘパソフト」は顔に塗る乳液ローションです。自分なりの保湿をしているのに、肌ががさがさの方や粉がふいている方などの顔の乾燥に適した処方になっています。

 

「ヘパリン類似物質」の他、有効成分である「アラントイン」と「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合し、肌にうるおいを与えてかつ炎症を抑えてくれる作用があります。

 

また、高圧乳化の技術を用いたワセリンがベースに配合されていて、べとつかないのに長時間の保湿力があるローションです。

 

肌深くから乾燥を改善するので、乾燥からくる小じわも目立たなくしてくれます。乾燥肌の症状がある方には、顔、身体それぞれの用途に応じての使用をおすすめします。

 

ヘパリンでニキビができる?

 

ヘパリンが使用されているクリームなど様々なものがありますが、炎症を鎮める消炎作用のあるアラントイン、グリチルリチン酸ジカリウムなど肌荒れを予防改善する成分も配合されているものの、油分が多すぎるなどでニキビができてしまうこともあるようですので、顔に使う場合は注意して使用してください。

 

もちろん、お肌の乾燥が原因でできていたニキビは少なくなる可能性が高いですから、ニキビに悩んでいる方が使用する場合はその原因を見極めてから使うようにしましょう。

 

顔の乾燥肌、小じわ対策の場合は、敏感肌が伴ってくることが多く、ニキビ跡になると目立ってしまう部分ですので、肌のバリア機能をアップしてくれるセラミドを配合している化粧水を使用するほうが安全策ともいえます。⇒セラミド効果が高い保湿化粧水

page top