乾燥肌 炎症

炎症するほど酷い乾燥肌を改善する方法

炎症するほど酷い乾燥肌を改善する方法

 

乾燥肌という状態は肌が乾燥してしまうだけではなく、時に酷い炎症を伴う場合があります。基本的なスキンケアが出来ていない場合や、スキンケアを過剰にやりすぎてしまう場合でも乾燥肌を引き起こしてしまいます。

 

一度、お肌に炎症が起きてしまうと乾燥肌を根本的に改善しないとその炎症が長く続いてしまうことが多いのです。まずは乾燥肌になる原因を正しく知ることから始めると、乾燥肌の炎症も食い止めることが出来るようになるでしょう。

 

乾燥肌になる原因は何か?

 

乾燥肌になる原因は肌内部の水分が外に逃げてしまうことで引き起こされるもので、一般的には冬の空気が乾燥した時に置きやすいのですが、実際には夏場でも乾燥肌を引き起こしてしまう状況はとても多いと言えます。

 

それがエアコンの存在で、冷房の効いた部屋に長時間いれば肌が乾燥してしまい夏でも乾燥肌を引き起こしてしまいます。肌の水分がなくなってしまうと本来肌を外部の刺激などから守っていたバリアーが弱まってしまい、それが原因で肌にダメージを受けて炎症を引き起こしてしまうことになります。

 

間違った洗顔も肌のバリア機能を著しく低下させてしまいますので、汚れが気になるからとゴシゴシ洗ってしまうと、それが原因で炎症を引き起こす場合もあります。

 

乾燥肌で何故炎症が起きるのか?

 

乾燥肌になると本来肌を守っていた角質も剥がれやすい状態になり、それがトラブルの原因となります。角質の役割は外部の刺激や雑菌などを肌内部に侵入させないことが役割ですので、言わば肌内部を守る壁のようなものです。

 

その壁に綻びが出てしまうと肌内部へ外部からの刺激などが直接加わることになり、それが肌の痒みなどを誘発することになります。

 

バリアー機能が弱まっている状態で痒みが出てしまうと、無意識の内に肌を掻き毟ってしまうこともあり、それが原因で炎症を引き起こしてしまうことになります。

 

雑菌が進入した場合も雑菌により炎症を引き起こしやすくなるため、乾燥肌を根本的に治さないと炎症がどんどん酷くなっていくことになります。

 

炎症を食い止めるためには?

 

乾燥肌による炎症を食い止めるためには、まず肌内部へ十分な水分を補給することが重要です。これは外から補給するだけではなく水分をしっかりと飲んで内部からの補給も必要になります。

 

それと補給した水分を逃がさないための保湿も重要になります。保湿は水分を肌に閉じ込めるために肌に蓋をすることですので、補給した水分をしっかりと肌内部に留めるためにスキンケアを行うことが重要になります。

 

保湿に関しては乳液などを使用して乾燥を防ぎ水分を蒸発させないことが乾燥肌を改善するための方法となりますので、毎日の水分補給と保湿を欠かさないことが、炎症を食い止めるための手段となるでしょう。

 

炎症しているときの化粧水は?

 

保湿ケアを行うときには、普段よりも低刺激のものを使うとよいでしょう。バリア機能が低下している=炎症を起こしているお肌にはちょっとの刺激でも大事になってしまうことがあるからです。

 

乾燥肌に有効な成分(セラミド)を含む化粧水などを通常よりもたっぷりと使って保湿してください。肌がピリピリするとか、刺激を感じる場合はその基礎化粧品は使わないようにしましょう。

 

どれだけ優しい無添加の化粧水を使っても刺激が感じられる場合は、ココナッツオイルやワセリン、ベビーオイルなどをうっすらと塗ってみるとよいかもしれません。

page top