乾燥肌 栄養不足

栄養不足で乾燥肌になってしまうワケ

乾燥肌になる栄養不足

 

乾燥肌の方はいつもお肌のお手入れや基礎化粧品、美容情報などに敏感になってきていると思います。普段のお手入れも、たっぷりの化粧水、乳液、美容液、クリームと乾燥に負けないように念入りになりがちですが、外側表面のお手入れプラス内側からお肌の潤いを甦らせてみてはどうでしょうか。

 

日常の忙しさから食事が炭水化物が多くなったり、お菓子や甘いジュースなど食事に気を使うことができなくなると、栄養不足になり乾燥肌に拍車がかかってしまいます。

 

食べ物を見直して乾燥肌も治していきましょう

 

乾燥肌の改善のためには、保湿化粧品を使うなどのスキンケア以外にも、内側から働きかけるために普段の食事の見直しがとても大切です。乾燥肌の予防・改善に優れた栄養素の働きを知ることで、普段のお料理で使う食材を上手に取り入れることができますよ。

 

そもそもお肌が栄養不足で乾燥するとどういう状態になるのかというと、表面にある角質がこすれてめくりあがってしまっている状態です。この状態は肌のバリア機能が衰えてしまっているので、角質細胞の隙間からより水分が蒸発してしまうだけでなく、外側の環境からも刺激を受けやすくなってしまいます。

 

血行が悪い状態だと、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)がうまくいかないので乾燥肌が持続してしまいます。この原因を予防したり改善したりする栄養素を知ることが乾燥肌対策の予防、改善につながります。

 

美肌になるための栄養素

 

美肌になる栄養

 

お肌にいいと言われている栄養素はたくさんありますが、乾燥肌にいいと言われる栄養素の代表としては、ビタミンA、B、C、Eとαーリノレン酸、亜鉛、セラミドがあります。なぜこれらの栄養素が乾燥肌に有効に働くのか説明していきます。

 

まず、ビタミンAは、肌のターンオーバーを促進させる働きがあります。さらに、皮脂腺や汗腺の働きを高めたり肌に潤いを与えてくれる効果もあります。ビタミンB群には、代謝を促進したり肌のハリや弾力を与えてくれ、粘膜を保護して外部から守ってくれる働きがあります。

 

ビタミンB群は水に溶けやすいので、ゆでて調理する場合にはスープや煮物などのメニューが最適だと思います。ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けたり、皮膚の抵抗力を高めたりする効果があります。

 

ビタミンEは、抗酸化作用があるので血液の循環をよくしてくれますので、皮膚の新陳代謝を高め血行がよくなり栄養が行き届きますので、潤いとハリのある肌に生まれかわらせてくれます。

 

αーリノレン酸は、お肌の細胞の生まれ変わらせてくれる分裂の手助けをしてくれ、細胞膜の原料になってくれます。亜鉛は、私たちの体に必要なミネラル成分が入っているので、お肌はもちろん、髪の毛や爪などの健康を維持するのにかかせません。

 

セラミドは、細胞と細胞をくっつける働きがあり、キメを整え外部から異物は入ってこないようにガードしてくれます。体内の水分保持してくれる役割もあります。このように乾燥肌に有効に働きかけてくれます。

 

乾燥肌にいい栄養素は比較的身近で入手可能な食材ばかりですので普段の食事で取り入れてみてください。普段の料理で実用的に使える食材の代表例を挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。

 

アボカドがおすすめな理由

 

まずは、アボカドを使った料理です。アボカドにはαーリノレン酸が豊富に含まれておりビタミンA、B、C、Eもバランスよく含まれています。サラダにいれるのはもちろん、スライスしてわさび醤油で食べるのもシンプルでおいしくいただけますよ。

 

そして、納豆は、ビタミンB、E、亜鉛などが含まれており朝の朝食などにお手軽にごはんと一緒に取れると思います。スープとしてとってほしいのがブロッコリーやカボチャです。

 

ビタミンB、C、E、亜鉛などが豊富に含まれていて、スープにすることでまるごと栄養がとれますのでお勧めです。普段の料理でお手軽に無理なくとることでストレスなく内側からも乾燥肌予防、改善につながります。

page top