乾燥肌 コラーゲン

コラーゲン不足で乾燥肌が悪化するのを食い止めよう

コラーゲン不足で乾燥肌が悪化するのを食い止めよう

 

コラーゲン不足は、乾燥肌の大きな原因になります。コラーゲンが不足すると、肌から張りや弾力が失われるだけではなく、身体そのものが乾燥してしまうからです。

 

そうなると、例えばドライアイになったり、風邪やインフルエンザといった感染症にかかりやすくなることも考えられます。簡単に「乾燥」と言っても、身体にはさまざまな悪影響が出てしまうのです。

 

そもそもコラーゲンとは?

 

そもそもコラーゲンは、たんぱく質の一種です。私たちの身体を構成するたんぱく質のうち、約30%がコラーゲンでできています。そして皮膚、骨、筋肉、内臓、血管、髪の毛、爪など、私たちの身体のあらゆる場所にコラーゲンが存在しています。

 

人間の身体は、約60兆の細胞で構成されていますが、その細胞と細胞を、コラーゲンが結び付けています。まさに身体のベースとなる役割を果たしているもの、それがコラーゲンなのです。

 

体内のコラーゲンは年齢とともに減少

 

 

三大保湿成分と言われているセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンは、もともと人間の体内でつくられる成分ですが、加齢によってつくられる量が減っていきます。

 

そして体内で使われるコラーゲンには、優先順位があります。まずは生命を維持するのに必要な場所、骨、筋肉、内臓、血管などに使われます。

 

その後でようやく、皮膚、髪の毛、爪などに使われるのです。そのため、慢性の乾燥肌の場合は、体内におけるコラーゲンの絶対量が不足し続けている可能性があります。

 

コラーゲンには、水分を保持する働きがあります。コラーゲン配合の基礎化粧品を使うことで、外側からのスキンケアによって乾燥肌を改善へと導くことが可能です。それと同時に、内側からも、コラーゲンを肌に行き届かせることが必要となってきます。

 

体内で十分なコラーゲンをつくるには

 

体内でしっかりとコラーゲンをつくるためには、良質なたんぱく質など、その材料となる栄養素が必要不可欠です。コラーゲンを多く含む食材には、牛筋や豚足、鶏の手羽などが有名ですが、魚の身や骨などにも多く含まれています。

 

しかし、これらの食材はカロリーも高いことが多いので、ダイエットをしている方などは、サプリメントを上手に使いましょう。カロリーを低く抑えた上で、効率的に摂取できる「低分子コラーゲン」などがおすすめです。
また、ビタミンCと鉄分には、コラーゲンの吸収や生成を助ける働きがあります。コラーゲンを摂取したときは、ビタミンCと鉄分を一緒に摂取するようにしましょう。

 

潤いのある肌を保つためには、皮膚の新陳代謝である「ターンオーバー」が正常に行われていることが大切です。そのためには、必要な栄養素をしっかりと摂取することとともに、適度な運動や規則正しい生活、特に睡眠をきちんととることが重要になってきます。

 

無理なく毎日続けられるやり方で、ストレスをため込まずに、潤いに満ちた美しい肌を手に入れましょう。

page top