乾燥肌 ココナッツオイル

ココナッツオイルは万能オイル!乾燥肌に効果的

ココナッツオイルは万能オイル!乾燥肌に効果的

 

ココナッツオイルはヤシの実から抽出されたオイルです。ダイエットに取り入れている人も多いのですが、豊富な栄養が含まれていることから、実は乾燥肌にも効果的と言われています。ココナッツオイルのいろいろな効果とスキンケア方法を紹介しますね。

 

ココナッツオイルの効果

 

ココナッツオイルに含まれる乾燥肌に効果的な成分は「ラウリン酸」「ビタミンE」「中鎖脂肪酸」の3つです。ラウンリン酸には優れた抗菌作用があり、肌荒れを防いでお肌の潤いを守ります。

 

ビタミンEは最も保湿効果が期待される成分で、肌の深層部まで浸透して角質層に達し、乾燥により硬くなった皮質を柔らかくしてくれます。そしてお肌のシミやシワの原因となる細胞を活性化させる「活性酸素」の生成を抑えてくれる働きもしてくれるのです。

 

また、中鎖脂肪酸にはお肌の代謝を良くして、一度受けてしまったダメージを修復してくれる効果もあります。上記の三つの成分により、お肌を乾燥肌から守ってくれます。

 

化粧品用のココナッツオイルを選ぶ

 

 

ココナッツオイルには食用と化粧品用の二種類があります。身体の内外から保湿しようと食用のココナッツオイルを購入する人も多くいますが、肌質が丈夫な人ならば問題はありません。

 

スキンケアをする場合には化粧品用の方がよりお肌への刺激を少なくする為に出来る限り不純物を取り除いて製造されています。乾燥肌の人は敏感肌のことも多いので、化粧品用のココナッツオイルを選んだ方が良いでしょう。

 

保湿剤、フェイスケアとしての使い方

 

乾燥肌対策としてココナッツオイルを使用するには、洗顔時が効果的です。一般的にはココナッツオイルをそのまま顔に塗って洗顔する方法と、クレンジング代わりに利用する方法があります。どちらも洗顔後は優しくタオルで拭く程度にしておきましょう。

 

また、ココナッツオイルをアイクリームの代わりに目元やまぶたに塗る方法もあります。目元は特に乾燥しやすくシワが目立つ為に、ポイント的に塗っておくと保湿効果が高まります。

 

更にはココナッツオイルをリップケアとして使用するというのも効果的です。優れた保湿成分により、荒れた唇をツヤツヤにしてくれます。

 

ボディケアとしての使い方

 

乾燥肌対策としてお風呂上りにココナッツオイルをボディケア用として使用することもできます。入浴後のまだお肌が温まっていて柔らかい状態の時にココナッツオイルを塗ると、お肌の奥まで良く浸透して保湿効果がアップします。

 

もちろん腕や足にも塗ることができて、優しくマッサージをすることで血行が良くなり、むくみも改善されます。

 

ココナッツオイルは万能オイル

 

ココナッツオイルは食用にもスキンケアにも使える万能オイルです。独特の香りや風味がありますので、香料などを加えたりしている商品も多くあります。

 

現在では様々な商品が販売されていますが、身体に優しいオーガニック商品を選んだ方が安心して使用できます。

 

乾燥肌で悩んでいる人は、高い化粧品を購入するよりもコスパの良いココナッツオイルでのスキンケアを試してみては如何でしょうか。

 

唯一のデメリットともいえるココナッツオイルの匂い。嫌いな人にとってはこの方法を実践するのは難しいですが、苦手でなければココナッツオイルをスキンケアに取り入れ乾燥肌とさよならをして、潤いのある美肌が手に入るかもしれませんよ。

page top