敏感肌 スキンケア

敏感肌タイプのスキンケア

日本では女性の7割が敏感肌だと感じているようですが、この敏感肌とは何なのでしょうか。実は敏感肌という定義はありません。アトピーやアレルギー、化粧品かぶれなど少しの刺激にも過敏に反応して肌トラブルを起こしてしまう肌を敏感肌といいあらわすようになったのです。

 

敏感肌の原因

敏感肌

子供の頃にはほとんど敏感肌ということはありませんよね。どうして大人になると敏感肌になってしまう人が増えてしまうのでしょうか?

 

敏感肌の原因にはいろいろとありますが、一番考えられるのがお肌の乾燥です。お肌が乾燥している状態が長く続くと、角質層がめくれあがってきます。これは目には見えないのですが、お肌に良くない刺激するものがここからお肌に侵入しようとします。

 

これがお肌のバリア機能が低下しているという状態で、外部から刺激が入ってくると赤くなったり、痒くなったりという症状が出てくるのです。お肌の乾燥や紫外線の影響などで、お肌にダメージがあるときには、うるおいを与えて角質層を元気な状態に戻してあげないといけません。

 

角質層を保湿するというのが、敏感肌に効果がある一番の方法なんです。こういった肌が弱っているときには、肌に刺激を与えずに保湿をしてくれるセラミドが有効に働いてくれます。

 

敏感肌に向く化粧品、向かない化粧品

敏感肌の化粧品

敏感肌になっているなら、普通に化粧水を使っただけでも、肌が荒れて赤くなる、ヒリヒリと痛くなるなどの肌トラブルの原因になりかねません。これは化粧水に含まれているアルコールが、刺激になってしみたり赤みの原因になったりします。こういった添加物の多いものは無理して使ってはいけません。

 

敏感肌の人のスキンケアはまずセラミドの修復や補給から始めましょう。また、植物性オイルを使うのも有効です。植物性オイルの代表的なものとしてオリーブオイルホホバ油などが挙げられます。

 

また、皮脂がなさすぎるのもお肌に負担がかかってしまいますから、メイク落とし・クレンジング剤は洗浄力が強いオイルタイプのものを使うより、水性のものを使うとかミルクタイプなどを使うほうがいいでしょう。

 

洗顔は皮脂を落とすぎることが多いですから、回数、洗顔時間を考慮して洗いすぎないことが大切です。あまりに酷い敏感肌の場合は、「お湯だけで洗顔する」とか「メイクをしない」と思うくらいの気持ちがないと状態が改善しない場合もあります。また、食生活や生活習慣の見直しでも、肌の状態がよくなるように心がけていきましょう。

 

敏感肌の人は些細なことでも赤くなったり痒く感じたりと肌トラブルにつながってしまいますので無理しないスキンケアを心がけましょう。添加物の入っている化粧品を使わない勇気を持つことで肌の状態が改善されることもあるということを頭の片隅に置いておいて欲しいと思います。

 

十分に保湿されていれば赤くなったり、敏感肌で痒みが出るなどの症状は出にくくなります。とにかく低刺激で保湿効果が高い化粧水でしっかり潤いを与えることが一番のケアといえますね。

 

敏感肌とかゆみの対処法

 

かゆい敏感肌

敏感肌の悩める症状のひとつとして、かゆみがあります。敏感肌の人は、何かしらの外部刺激が加わると、それに対しての反応が起きます。それが先ほどもお話ししました炎症反応です。

 

お肌が赤くなったりする炎症反応は、外部刺激から体を守るという防御反応です。その防御反応の炎症と同時に、かゆみを感じる人もとても多くいらっしゃいます。かゆみはどのようなことに反応しているのでしょうか。

 

実は、痒みは『痛み』のとても微弱な反応なのです。お肌には、たくさんの感覚受容器があります。温度を感知する感覚受容器や、触った感覚を感知する触覚受容器、また痛みを感じ取る痛覚受容器です。

 

痛みとは、体に危険をつたえるシグナルです。痛みを感じるときは、例えば、転んで擦りむいたときや、何かに足をぶつけたとき、また鋭いものに触ったときなどに感じますね。

 

もし、痛みを感じないとどうなるかと言うと、傷ができても気付かずに傷口から容易にばい菌などに感染しやすい状態をさらした状態になったままでも平気でいられてしまいます。そんな状態では、お肌に侵入したばい菌にも気づかすに化膿したり大変なことになってしまいます。

 

痛くなる前の「かゆい」間に保湿ケア徹底して!

 

この痛みを感じる前のステップとして痒さを感じる等になります。それがかゆみという反応なのです。敏感肌のかゆみは、お肌の危険を知らせる微弱なシグナルなのだということです。お肌が痛みを感じるほどの状態になる前に改善するような保湿スキンケアに変えていくことが大切です。

 

かゆみや赤みが出た後のケアも大切になってきます。お肌が傷んでいるのでここでしっかりと保湿ケアをしてバリア機能を高めて、お肌を元気にしてあげましょう。ただ、ちょっと問題なのが痒みがでるような乾燥敏感肌になっていると普通肌用の化粧水などを使用すると配合成分によって肌荒れが悪化してしまうことがあるのです。

 

乾燥敏感肌になっている時にはアルコールなど肌に刺激を与えるものが入っていない無添加の化粧水を選んでください。もちろん、化粧水後の乳液などお肌に直性使用するものはすべて無添加コスメにしないといけません。

 

お肌がかゆくなった後にお手入れを怠っているとその部分の老化が早くなり、小じわになったりしみになったりします。お肌にパワーをつけるにはしっとりと潤いのある状態を保つことです。保湿化粧水を多めに使って保湿ケアしてくださいね。

 

季節の変わり目の敏感肌

 

季節の変わり目は温度差が大きく環境も急激に変わります。この環境変化で肌はとても敏感になってしまいます。

 

この季節の変わり目だけ肌の調子が悪くなることをゆらぎ肌ともいうそうです。そう呼ばれるほど季節の変わり目に肌トラブルを抱える人はとても増えているのです。

 

ゆらぎ肌は春先が最も多いと言われています。また、ゆらぎ肌というのは春だけのものとする人もいるようです。逆に春は大丈夫だけど秋にだけ肌質がおかしくなるという場合もあります。

 

ともあれ、季節の変わり目に起こる温度差や環境の変化などが刺激やストレスとなって急に肌が乾燥してしまったりにきびができたりしてしまうことが多い季節の変わり目は普段以上にスキンケアに気を付けたいですよね。

 

この季節の変わり目のスキンケアは原因となる刺激を少なくしてあげることから始めましょう。花粉や紫外線などの刺激から肌を守ってあげることなどがそうですね。

 

また、過剰なスキンケアはかえって刺激が強すぎてしまう場合があるので注意しなければなりません。肌が弱っていると吸収率も下がっていますし化粧水や美容液が刺激になってしまう場合もあります。こまめに肌のチェックをすることでその時その時の肌に合ったスキンケアをするようにしましょう。

 

かゆみや赤みなどが出た時はセラミド成分が含まれているものがいいでしょう。セラミドには肌の炎症を抑える効果があります。またビタミンが多く含まれているものを食べるなど体の内側からのケアもするとさらに効果が期待できます。いつもと違うケアをすることで上手に季節の変わり目を乗り切りましょう。

 

夏の肌ダメージと乾燥が激しくなる季節、秋のスキンケアはこちら。

 

ゆらぎ肌は大人ニキビができやすい?

ゆらぎ肌の主な症状は、敏感肌に近いものがあり、お肌がピリピリしたり、ニキビまではならなくてもポツっとした炎症ができたり、Tゾーンがべたつくということなどがあります。

 

ずっと同じ基礎化粧品を使ってきたのに、化粧水を使ったらしみて痛くなったという声も聞かれます。ゆらぎ肌の原因は急激な気温の変化とされています。体の機能がついていけずにホルモンバランスが崩れるために起こるというのです。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうのが原因ならそれも改善していく必要があるかもしれませんが、体内からのケアというのは、時間がかかりますから定番の保湿ケアというのが一番有効でしょう。

 

ゆらぎ肌に悩む人はこの時期(春、秋)にはニキビが多発することもあります。いつもニキビは顎にできるのに、ゆらぎ肌の時は頬にできるなどの違いがみられることもあります。

 

ニキビができてからケアするよりも予防対策しておくほうが、つらい思いをしなくて済みますし効率的ですよね。気温が上がってくる、下がってくるという時期にはいつもよりもさらに保湿効果のある化粧水を使うようにしましょう。

 

乾燥を防いで美肌を守る

 

肌トラブルの多くの原因が肌の乾燥にあります。健康な肌は潤っていて瑞々しいですよね。健康な肌と乾燥した肌とではどう違うのか比べてみましょう。

 

健康な肌は細胞が正常に働いています。コラーゲンなども整っていて弾力があり、ターンオーバーの乱れもなく角質も整っています。角質が整っているのでバリア機能も機能しているので肌トラブルが起きにくい状態です。

 

見た目も美しいので憧れますよね。ところが乾燥している肌は角質がめくれあがってしまったり、はがれ落ちてしまったりしてバリア機能が低下してしまいます。こうなると少しの刺激にも耐えられなくなります。

 

また、角質が乱れてしまうことにより、外からの刺激が内部まで入りやすいのでより多くのトラブルを引き起こしてしまうことになります。そして見た目も角質の乱れによる乱反射でくすんで見えたり、乾燥して潤いがないのでシワが目立ったりと老けて見えてしまう原因にもなります。

 

元々角質層はセラミドという天然の保湿成分を持っているので、空気が乾燥しても肌が乾燥するということはありません。このセラミドのおかげで肌は約30%もの水分を含んでいるのですが、この水分保有量が30%以下になってくると乾燥肌と呼ばれてしまいます。

 

ですから、乾燥している肌はまず保湿をして角質層を整えることから始めなければなりません。また、ターンオーバーの乱れを整える必要がある場合は生活習慣の見直しやスキンケアの方法を見直す必要もあります。

 

乾燥で毛穴が目立つならやっぱり保湿!

 

お肌が乾燥すると毛穴が開いてくることが多いです。初めは毛穴が目立つようになったけど、どうしたんだろう?くらいに思っていいると、あっという間に帯状毛穴になってしまいます。

 

帯状毛穴とはお肌にハリがなくなり、毛穴に毛穴が小じわのようになってつながってしまうことをいいます。ちゃんとケアしないで、そのまま放置しておくとどんどんひどくなり、本当の小じわになってしまうのです。

 

とくに多いのは頬の部分、目の下、鼻の横あたりで乾燥しやすい場所です。ここの毛穴が目立ってきたと思ったら早めにケアしていきましょう。

 

こうなってしまう原因は乾燥にあるので、保湿ケアをしていけば改善していきます。ただし、今まで使っていた化粧水などでは、うるおいを戻すにはパワーが足りません。

 

その化粧水でちゃんと保湿できていれば、毛穴は目立ってこないはずです。高い美容液を使って保湿するよりも、基本的な化粧水をもっと高保湿のものに変えてみてください。お肌にハリが戻ってきますよ。

page top