乾燥肌 ベビーオイル

赤ちゃんだけじゃない!乾燥肌にもベビーオイル

赤ちゃんだけじゃない!乾燥肌にもベビーオイル

 

乾燥肌は肌トラブルの中でも多くの人が経験し、しかも治りにくいと悩んでいる方が少なくありません。スキンケア問題では不快指数は間違いなくNo.1です。

 

そんな乾燥肌にお悩みの方に、とっておきのお手軽ケアを指南します。それは、ベビーオイルを使った方法。女子ならば誰もが知っているベビーオイルですが、実際に手にしたことがある人はあまりいないのかもしれません。

 

ところが、ベビーオイルほどリーズナブルで、乾燥肌を素早く解決してくれるオイルはありません。さあ、悩むよりも先に、ベビーオイルの使い方を学んでみようじゃありませんか。

⇒小じわ予防にも乾燥肌には高保湿化粧水を。

 

カサカサなドライフェイスに

 

もしも顔が乾燥して悩んでいるならば、ベビーオイルをクレンジング剤として使用するのがオススメです。やり方はとってもシンプルですよ。

 

まず、アイメイクをしっかりとしている場合は、ワンプッシュ分を目蓋、まつげに馴染ませます。ポイントは決してゴシゴシと強く擦らないことで、きちんと馴染めば濃いポイントメイクも難なく落とすことができます。

 

その後にそっとティッシュオフしましょう。次にもうワンブッシュして、顔全体に馴染ませればOKです。もう一度、肌を痛めないようにティッシュオフしてから、通常通りの洗顔を行ってください。

 

ベビーオイルは水に馴染み辛いので、必ず丁寧にティッシュオフしましょう。紙質が硬い場合には、手で揉んでから使用すると肌に優しくなります。

 

粉をふく痒いドライボディにも

 

 

身体が乾燥して辛い人には、ベビーオイルをバスタイムに使用するのがオススメです。肌の皮脂を洗い過ぎないのが鉄則ですが、表面の埃や汗などは湯船に浸かって毎日落とすようにしましょう。

 

不潔なお肌は益々肌ストレスを悪化させてしまうので注意が必要です。そして、湯船で温まった後にベビーオイルを身体全体に塗ります。濡れた身体へは馴染みがよく、たくさんのオイルは不要です。

 

様子を見ながらちょっとづつ使うようにして、べたつき、肌荒れの原因にもなるので使い過ぎにも注意しましょう。その後はタオルで水分を拭き取ったらOKです。そのままパジャマを着ても大丈夫です。

 

この方法の場合、肌の水分が乾いてしまわないうちにベビーオイルが毛穴の蓋をしてくれます。これで夜中も乾燥知らずで過ごせますよ。痒みで目が覚めることもなくなります。

 

ガサガサでつらいドライヒール

 

踵のザラザラも悩ましいですよね。踵は年齢を重ねるごとに乾燥が酷くなる箇所でもあります。でも諦めずにケアを行えば、ツルツル踵も夢ではありません。

 

踵は入浴後と朝の2回ケアがオススメです。夜は入浴後に適量を馴染ませて、オイルがしっかりと浸透するまで靴下を穿いていましょう。

 

化繊よりも天然の素材のほうがドライケアに適しています。朝はストッキングを穿く前に塗ります。この場合の塗布は、ストッキングの伝線を防ぐ意味合いのほうが強いのですが、潤いを保ち続けることでひび割れ防止効果が期待できます。

 

ベビーオイルには、長く付き合ってこその良さがある

 

さて、これらの使い方は長く続けることが鉄則です。ベビーオイルは非常に使い勝手の良いオイルではありますが、万能薬ではありません。もちろん、治療薬でもないのです。

 

ですが、継続して使うことで、乾燥肌が徐々に改善していくことを実感するでしょう。そして、リーズナブルであることも強い味方の理由です。ぜひ手にとって、その効果を身体で感じてみてください。

page top