脂性肌 化粧水

脂性肌のスキンケアとおすすめの化粧水

脂性

 

お肌が脂っぽいという脂性肌(オイリー肌)の人の特徴としては皮脂の分泌が過剰なために、顔のベタつきやテカリが気になったり、化粧崩れが起こりやすいという事があります。洗顔した後に何のケアをしなくても、つっぱり感を感じない人は脂性肌といえるでしょう。

 

皮脂の分泌が多いので毛穴に汚れが溜まりやすく、この皮脂がにきびの原因になったりします。こういったことで深刻な肌トラブルを抱えることが多いのではないでしょうか。

 

脂性肌になる原因は色々ありり遺伝的要因もあるのですが、偏った食生活や不規則な生活もホルモンバランスやターンオーバーを乱すので脂性肌の原因となります。また、意外に思われるかもしれませんがスキンケアを間違えても脂性肌の原因となるのです。

 

脂性肌の人はスキンケアだけでなく食生活の見直しや生活習慣の見直しをすることもお勧めします。皮脂の分泌を抑える食べ物としてビタミンB2とビタミンB6を多く含むヨーグルトや魚類をおすすめします。

 

揚げ物やラード、脂肪の多いものは控えるようにするといいでしょう。また、不規則な生活もホルモンバランスを崩してしまうので極力やめるようにしましょう。脂性肌だからといって洗顔後のケアを怠ってはいけません。

 

乾燥すると皮脂が過剰に出てしまう

インナードライ肌の場合には表向きは乾燥していないように見えるのが難点です。お肌が乾燥を防ぐために皮脂が出すぎている場合もあります。

 

こういった乾燥が原因になっているかもと思ったら、いつもよりももっと保湿効果の高い化粧水やしっとりタイプの化粧水で水分を補給してあげましょう。その後、水分が蒸発していかないように美容液や乳液でカバーすることも重要です。これを忘れると、化粧水で補給した水分をすぐに蒸発させてしまうことになります。

 

脂性肌におすすめの化粧水

 

 

乾燥が原因のことが多いので保湿ケアが十分にできる化粧水を使っていきましょう。肌の乾燥を予防してくれるセラミド配合のものがおすすめです。

 

セラミドにもいろいろな種類がありますが、ヒト型ナノセラミドが配合されているものが一番いいでしょう。というのも、合成セラミド、天然セラミド等がある中でヒト型なのセラミドは人の角質層になじみやすいからです。ナノ化してあるので浸透力もいいです。

 

脂性肌の間違ったスキンケアに注意!

 

脂性肌の場合、これまでに間違ったスキンケア方法を行っていた、そのために余計に脂性肌が酷くなってしまったという方が少なくありません。ベタベタと皮脂が多いので、きれいにしっかりと洗い落とせばいいはずだと、洗顔を必死にしてしまうことが多いからです。

 

脂性肌の場合はニキビができてしまうことが多いのですが、ニキビケアにも過度な洗顔はよくありません。お肌が荒れない様に、ニキビができないようにするにはお肌を元気にすることですが、お肌はしっとりと潤いがある状態が一番いいのです。乾燥が大敵なんですね。

 

脂性肌の人は大人ニキビなども肌トラブルを抱えがちですので、肌の状態に合わせて保湿化粧水や美容液を使うことで肌トラブルが起きないように保湿ケアして予防していくのが重要です。

page top