敏感肌 スキンケア

敏感肌タイプのスキンケア

日本では女性の7割が敏感肌だと感じているようですが、この敏感肌とは何なのでしょうか。実は敏感肌という定義はありません。アトピーやアレルギー、化粧品かぶれなど少しの刺激にも過敏に反応して肌トラブルを起こしてしまう肌を敏感肌といいあらわすようになったのです。

 

敏感肌の原因

敏感肌

子供の頃にはほとんど敏感肌ということはありませんよね。どうして大人になると敏感肌になってしまう人が増えてしまうのでしょうか?

 

敏感肌の原因にはいろいろとありますが、一番考えられるのがお肌の乾燥です。お肌が乾燥している状態が長く続くと、角質層がめくれあがってきます。これは目には見えないのですが、お肌に良くない刺激するものがここからお肌に侵入しようとします。

 

これがお肌のバリア機能が低下しているという状態で、外部から刺激が入ってくると赤くなったり、痒くなったりという症状が出てくるのです。お肌の乾燥や紫外線の影響などで、お肌にダメージがあるときには、うるおいを与えて角質層を元気な状態に戻してあげないといけません。

 

角質層を保湿するというのが、敏感肌に効果がある一番の方法なんです。こういった肌が弱っているときには、肌に刺激を与えずに保湿をしてくれるセラミドが有効に働いてくれます。

 

敏感肌に向く化粧品、向かない化粧品

敏感肌の化粧品

敏感肌になっているなら、普通に化粧水を使っただけでも、肌が荒れて赤くなる、ヒリヒリと痛くなるなどの肌トラブルの原因になりかねません。これは化粧水に含まれているアルコールが、刺激になってしみたり赤みの原因になったりします。こういった添加物の多いものは無理して使ってはいけません。

 

敏感肌の人のスキンケアはまずセラミドの修復や補給から始めましょう。また、植物性オイルを使うのも有効です。植物性オイルの代表的なものとしてオリーブオイルホホバ油などが挙げられます。

 

また、皮脂がなさすぎるのもお肌に負担がかかってしまいますから、メイク落とし・クレンジング剤は洗浄力が強いオイルタイプのものを使うより、水性のものを使うとかミルクタイプなどを使うほうがいいでしょう。

 

洗顔は皮脂を落とすぎることが多いですから、回数、洗顔時間を考慮して洗いすぎないことが大切です。あまりに酷い敏感肌の場合は、「お湯だけで洗顔する」とか「メイクをしない」と思うくらいの気持ちがないと状態が改善しない場合もあります。また、食生活や生活習慣の見直しでも、肌の状態がよくなるように心がけていきましょう。

 

敏感肌の人は些細なことでも赤くなったり痒く感じたりと肌トラブルにつながってしまいますので無理しないスキンケアを心がけましょう。添加物の入っている化粧品を使わない勇気を持つことで肌の状態が改善されることもあるということを頭の片隅に置いておいて欲しいと思います。

 

十分に保湿されていれば赤くなったり、敏感肌で痒みが出るなどの症状は出にくくなります。とにかく低刺激で保湿効果が高い化粧水でしっかり潤いを与えることが一番のケアといえますね。

 

敏感肌とかゆみの対処法

 

かゆい敏感肌

敏感肌の悩める症状のひとつとして、かゆみがあります。敏感肌の人は、何かしらの外部刺激が加わると、それに対しての反応が起きます。それが先ほどもお話ししました炎症反応です。

 

お肌が赤くなったりする炎症反応は、外部刺激から体を守るという防御反応です。その防御反応の炎症と同時に、かゆみを感じる人もとても多くいらっしゃいます。かゆみはどのようなことに反応しているのでしょうか。

 

実は、痒みは『痛み』のとても微弱な反応なのです。お肌には、たくさんの感覚受容器があります。温度を感知する感覚受容器や、触った感覚を感知する触覚受容器、また痛みを感じ取る痛覚受容器です。

 

痛みとは、体に危険をつたえるシグナルです。痛みを感じるときは、例えば、転んで擦りむいたときや、何かに足をぶつけたとき、また鋭いものに触ったときなどに感じますね。

 

もし、痛みを感じないとどうなるかと言うと、傷ができても気付かずに傷口から容易にばい菌などに感染しやすい状態をさらした状態になったままでも平気でいられてしまいます。そんな状態では、お肌に侵入したばい菌にも気づかすに化膿したり大変なことになってしまいます。

 

痛くなる前の「かゆい」間に保湿ケア徹底して!

 

この痛みを感じる前のステップとして痒さを感じる等になります。それがかゆみという反応なのです。敏感肌のかゆみは、お肌の危険を知らせる微弱なシグナルなのだということです。お肌が痛みを感じるほどの状態になる前に改善するような保湿スキンケアに変えていくことが大切です。

 

かゆみや赤みが出た後のケアも大切になってきます。お肌が傷んでいるのでここでしっかりと保湿ケアをしてバリア機能を高めて、お肌を元気にしてあげましょう。ただ、ちょっと問題なのが痒みがでるような乾燥敏感肌になっていると普通肌用の化粧水などを使用すると配合成分によって肌荒れが悪化してしまうことがあるのです。

 

乾燥敏感肌になっている時にはアルコールなど肌に刺激を与えるものが入っていない無添加の化粧水を選んでください。もちろん、化粧水後の乳液などお肌に直性使用するものはすべて無添加コスメにしないといけません。

 

お肌がかゆくなった後にお手入れを怠っているとその部分の老化が早くなり、小じわになったりしみになったりします。お肌にパワーをつけるにはしっとりと潤いのある状態を保つことです。保湿化粧水を多めに使って保湿ケアしてくださいね。

乾燥肌対策の保湿化粧水TOP3

乾燥肌改善に有効なヒト型セラミド配合保湿化粧水でも特に人気の高いもの3選です。


アヤナス

アヤナス トライアルセットの特徴

ヒト型セラミド配合でしっかり浸透&保湿してくれる 敏感肌化粧品ランキングでも堂々1位を受賞しているアヤナスは、肌老化を早めてしまう乾燥肌、敏感肌向けの化粧品です。乾燥が目立つ、くっきりしてきたほうれい線や目元のしわ、小じわ対策に!

価格 初回限定 1,480円
評価 評価5
メーカー ポーラ・オルビス

ヒフミド

ヒフミド トライアルセットの特徴

人型セラミドでしっかり保湿 小林製薬が開発販売しているセラミドをたっぷりと使用したヒフミド。保湿力が3倍と言われる人型セラミドを使っています。トライアルセットはポーチ付き、洗顔ソープとUVプロテクトミルクもセットになって、全商品にセラミド配合!

価格 初回限定 980円
評価 評価4.5
メーカー 小林製薬

アスタリフト

アスタリフト トライアルセットの特徴

お肌ぷるっぷる&ハリ実感♪ヒト型ナノセラミド配合 しわ予防にしっかりエイジングケアできるアスタキサンチン、ナノリコピン配合のアスタリフト。先行美容液ジェリー アクアリスタにはヒト型ナノセラミドも配合されており年齢肌を感じてきた方におすすめのアンチエイジング化粧品です。しわ、小じわ、たるみが目立ってきた方に!お肌のハリを実感!

価格 初回限定 1,000円
評価 評価4.5
メーカー FUJIFILM