美肌効果 コーヒー

美肌効果のある飲み物の代表といえばコーヒー

美肌効果のある飲み物の代表といえばコーヒー

 

コーヒーは、優れた美肌効果を持つ飲み物です。コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が豊富に含まれているため、特にアンチエイジングに高い効果があり、シミ・シワ・たるみなどの予防に役立ちます。

 

一日2〜3杯のコーヒーを飲むことで、活性酸素が増えるのを抑えて、手軽にアンチエイジングできるとあれば、飲まないのはもったいないですよ。

 

肌荒れ、老化の原因である活性酸素とは?

 

まず、老化の原因となる『活性酸素』について説明します。活性酸素とは、酸化させる力が強力な酸素のことです。

 

強い殺菌作用によって細胞を保護したり、酵素の働きを促進したりするなど、私たちの身体にとって重要な役割を担っています。このように活性酸素は、身体にとって必要なものであるため、普段の呼吸から、体内で生成されています。

 

しかし活性酸素は量が増えすぎると、かえって細胞に害を与えるようになってしまいます。その代表的なものが細胞の酸化、つまり老化です。活性酸素によって肌細胞が酸化することにより、シミ・シワ・たるみの原因になってしまうと言われているのです。

 

コーヒーに含まれる美肌成分

 

 

クロロゲン酸

 

コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールの一種が、とても豊富に含まれています。このクロロゲン酸には、次のような美肌効果があります。

 

  • シミ予防 : 紫外線などによる活性酸素の生成を防ぐことで、シミの原因となるメラニンの生成を防ぐと同時に、メラニンが肌細胞へ取り込まれるのを抑制します。
  • シワ・たるみの予防 : ポリフェノールには、活性酸素を除去する働きがあるため、シワやたるみを予防することが期待できます。
  • ニキビ対策 : ポリフェノールには殺菌作用があり、睡眠不足やストレスからできてしまうニキビを防いでくれます。

 

カフェイン

 

カフェインには、末梢血管を拡張する働きがあります。末梢血管とは、腕や脚にある血管のことで、これが拡張されると血流量が増加し、血行がよくなります。

 

血行がよくなると皮膚の代謝が促進されるので、肌のターンオーバーが正常になり、肌が美しくなると言われています。またカフェインにはニキビを予防する効果もあります。末梢血管が拡張されて血行がよくなると、体温が上がります。

 

すると免疫力が高まり、内臓の働きが向上します。そのため、ホルモンバランスが整いやすくなって、ニキビができにくくなるのです。

 

美肌効果を高めるコーヒーの飲み方

 

美肌のためにコーヒーを飲むときは、1日2〜3杯が目安となります。ポリフェノールの効果が体内で持続するのは、3〜4時間程度と言われています。またポリフェノールは体内に蓄積できません。

 

加えて、空腹時にカフェインを摂取すると、胃が荒れてしまいます。そして就寝前のカフェイン摂取は、良質な睡眠の妨げになる可能性があります。

 

これらの点から、コーヒーを飲む理想的なタイミングとしては、朝と昼の食後、そして午後3時のおやつのときです。コーヒーの香りにはリラックス効果もあります。

 

スキンケアで保湿、美白ケアしてあげるだけでなく体の内側からも働きかけられる、日常生活の中に上手にコーヒーを取り入れて、健康的で美しい肌を手に入れましょう。