保湿化粧水 アルコールフリー

美肌にはアルコールフリーの保湿化粧水がおすすめ理由

美肌にはアルコールフリーの保湿化粧水がおすすめ理由

 

肌の保湿を目的とした保湿化粧水を使うなら、その効果を存分に発揮したものを使用したいですよね。最近よく耳にするアルコールフリーの化粧水は、保湿化粧水を選ぶ時に注目したいポイントです。

 

防腐剤フリー、バラペンフリー、などという言葉と並んでアルコールフリーという言葉も使われますが、アルコールは肌に良くないものなのでしょうか。それでは、なぜ、化粧水にアルコールが使われるのでしょう。

 

今回は、化粧水にアルコールが使われるメリット、デメリットと保湿化粧水とアルコールフリーについて、考えていきたいと思います。

 

化粧水にアルコール(エタノール)を使う理由とは

 

化粧水に使われるアルコールは、エタノールのことを指すことが多く、成分表示を見ていただくと、エタノール、または変性アルコールなどと書かれています。エタノールと言えば、消毒用になどによく使われていますね。

 

化粧水にアルコールを使うメリットは、まず殺菌作用があることが挙げられるでしょう。化粧水を腐りにくくすること、そして、肌を清潔に保つ効果があります。

 

また、引き締め作用や清涼作用もあり、毛穴を引き締めてくれたり、べたつかずさっぱりとした使い心地でほてった肌も鎮めてくれます。他には乳化作用という働きもあり、水と油など成分の違うものどうしを上手く融合してくれる働きもあります。

 

アルコール入りの化粧水が肌にもたらす影響とは

 

消毒などでも使われていて、あまり肌に問題がないように思われるアルコールですが、体質、肌質によってはアルコールは避けた方がいい成分なのです。

 

まず、アルコールはお酒のアルコールと同じで、体質によって合わない場合もあります。そして、乾燥肌や敏感肌の方にはアルコールは注意が必要です。

 

アルコールは揮発性が高いため、肌の水分まで奪われてしまうことにもなり、乾燥肌が悪化してしまう可能性があるのです。

 

また、アルコールは皮脂を落とす作用があるので、肌を守ってくれる皮脂を取りすぎてしまい、肌のバリア機能が低下する恐れがあります。

 

そして、バリア機能が衰えた乾燥肌の方や、敏感肌の方はアルコールが肌に刺激になってしまいます。アルコール入りの化粧水で肌にぴりぴりとした刺激を感じたことはないでしょうか。肌に合わない場合は直ちに使用を中止しましょう。

 

アルコールにはメリットもある

 

アルコールにはデメリットもありますが、脂性肌の方には清涼感が肌に気持ちが良かったり、ニキビの改善を目的とするなら、肌の殺菌作用も有効です。現在使用していて問題が無ければ、アルコール入りの化粧水を使い続けることも良いでしょう。

 

乾燥が酷くて、肌の保湿を目的とする保湿化粧水を使うなら、せっかく保湿成分で肌に潤いをもたらしてもアルコールによって潤いを逃してしまうのは残念ですよね。

 

乾燥肌、インナードライ肌、敏感肌の場合は肌に水分をしっかり閉じ込めて、肌バリアの機能を高めていきたいものです。化粧水を選ぶ場合は、その目的や自分の肌質に合わせて選んでいけるようにしたいですね。

乾燥肌対策の保湿化粧水TOP3

乾燥肌改善に有効なヒト型セラミド配合保湿化粧水でも特に人気の高いもの3選です。


アヤナス

アヤナス トライアルセットの特徴

ヒト型セラミド配合でしっかり浸透&保湿してくれる 敏感肌化粧品ランキングでも堂々1位を受賞しているアヤナスは、肌老化を早めてしまう乾燥肌、敏感肌向けの化粧品です。乾燥が目立つ、くっきりしてきたほうれい線や目元のしわ、小じわ対策に!

価格 初回限定 1,480円
評価 評価5
メーカー ポーラ・オルビス

ヒフミド

ヒフミド トライアルセットの特徴

人型セラミドでしっかり保湿 小林製薬が開発販売しているセラミドをたっぷりと使用したヒフミド。保湿力が3倍と言われる人型セラミドを使っています。トライアルセットはポーチ付き、洗顔ソープとUVプロテクトミルクもセットになって、全商品にセラミド配合!

価格 初回限定 980円
評価 評価4.5
メーカー 小林製薬

アスタリフト

アスタリフト トライアルセットの特徴

お肌ぷるっぷる&ハリ実感♪ヒト型ナノセラミド配合 しわ予防にしっかりエイジングケアできるアスタキサンチン、ナノリコピン配合のアスタリフト。先行美容液ジェリー アクアリスタにはヒト型ナノセラミドも配合されており年齢肌を感じてきた方におすすめのアンチエイジング化粧品です。しわ、小じわ、たるみが目立ってきた方に!お肌のハリを実感!

価格 初回限定 1,000円
評価 評価4.5
メーカー FUJIFILM